• 見学可

ハーモニカ ビギナー 

  • 横山 明生(全日本ハーモニカ連盟理事)
講師詳細

ハーモニカは人間の呼吸と同じように、息を吐いたり吸ったりして音を出す楽器です。とくに複音ハーモニカはとても音の出し易い楽器です。どなたも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。初めての方、もう一度吹いてみようと思う方、音符が読めなくても大丈夫。音の出し方から丁寧にご指導致します。少し慣れた方は次のコースに進みます。また経験のある人は中級・上級・研究コースが選べます。ビギナー(音の出し方、音符の読み方、やさしい曲の練習、ベース双方にも挑戦。)アドバンス(独奏曲の練習、ベース奏法、分散和音奏法、アンサンブルにも参加。)(独奏曲の完成。バス、コードハーモニカ等を加えたアンサンブルを楽しみます。)ハーモニカを通し音楽の楽しさを学びます。そしてきっと新しい発見に出会えることと思います。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

★3/11・25は、コロナウィルスの影響で休講となりました。※補講は7/8・22です。

日程
2020/1/8, 1/22, 2/12, 2/26, 7/8, 7/22
曜日・時間
第2・4 水曜 16:40~17:40
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,840円 
持ち物など
ハーモニカとテキストは各自ご用意ください。
ハーモニカはC調21穴複音のもの。24穴でも結構です。
※使用テキスト:全音楽譜出版社、佐藤秀廊著「新版 標準ハーモニカ教本1入門・初級編」ルミネ立川8階オリオン書房でも取り寄せ可能(10日間ほどかかります)

講師詳細

横山 明生(ヨコヤマ アキオ)
全日本ハーモニカ連盟理事、日本ハーモニカ芸術協会師範、ハーモニカ振興会認定指導員。1983年複音ハーモニカを小山實氏に師事。1986年日本ハーモニカ芸術協会 準師範取得。1992年クロマティックハーモニカを鶴田亘弘氏に師事。1993年ハーモニカトリオ“ハミングバード”を結成。主としてフォークダンス界の生バンドとして活動しました。このグループで1996年ハーモニカ賞受賞。1999年“モダン演歌カルテット(MEQ)”に参加、機会ある毎に演奏活動を行っています。同年より複音ハーモニカを斎藤寿孝氏に師事。2001年から各ハーモニカ教室の指導を担当。現在、カルチャーセンター及び自主サークルを含め10カ所の教室を担当しています。2002年ハーモニカ振興会認定指導員取得。2006年より嵐山合宿研修会の講師として毎年参加。2007年日本ハーモニカ芸術協会 師範取得。2009年ハーモニカカルテット“SHARA”で「2009FIHハーモニカコンテスト」アンサンブル部門で1位入賞。