戦争遺跡を探る・陸軍登戸研究所 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 終戦直後の登戸研究所の航空写真
  • 現在の登戸研究所資料館
  • 山田 朗(明治大学教授)
講師詳細

 今年は1941年のアジア太平洋戦争開戦から80年目にあたります。私たちは今、新型コロナウイルスという戦争とは別の脅威にさらされていますが、昭和の戦争についての記憶を忘れてはいけません。
 今回の講座では、陸軍の秘密戦(スパイ戦・謀略戦)のための兵器・資材を開発した陸軍登戸研究所の遺跡について写真でご案内しながら、登戸研究所で何が行われていたのかをご説明します。風船爆弾・暗殺用毒物・細菌やウイルス兵器・スパイ用品・偽札など、この研究所では実に様々なことが研究されていました。
 川崎市多摩区にある陸軍登戸研究所の跡地は、現在、明治大学生田キャンパスになっており、大学によって「登戸研究所資料館」も建てられていますので、資料館での展示内容についても解説します。(講師記)


【オンライン受講にあたり注意事項】
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録がある受講者全員に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン受講のお申し込みはWEB決済でのみ承ります(開講2日前まで)。
・キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はtc9acc2@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。


☆オンライン受講手引きはこちらをご覧ください → https://www.asahiculture.jp/page/online_howto_zoom

この講座は、初回からの受講料を全額いただきます。

この講座は終了しました

注意事項

●本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までにメールアドレスの登録がある受講者全員に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、tc9acc2@asahiculture.com までお問い合わせ下さい。
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
●本講座はアーカイブ動画の配信はありません。

日程
2021/8/19
曜日・時間
木曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

山田 朗(ヤマダ アキラ)
1956年大阪生まれ。東京都立大学大学院(史学)修了。博士(史学)。東京都立大学助手を経て1999年より明治大学文学部教授。日本近現代史・軍事史を専攻。
単著に『大元帥・昭和天皇』(新日本出版社)、『軍備拡張の近代史』(吉川弘文館)、『昭和天皇の軍事思想と戦略』(校倉書房)、『日本は過去とどう向き合ってきたか』(高文研)、『兵士たちの戦場』(岩波書店)、『昭和天皇の戦争』(岩波書店)、『日本の戦争Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』(新日本出版社)など、編著に『ものから見る日本史 戦争Ⅱ 近代戦争の兵器と思想動員』(青木書店)、『戦争と現代3 近代日本の戦争をどう見るか』(大月書店)、『登戸研究所から考える戦争と平和』(芙蓉書房出版)、などがある。