アコーディオン伴奏で楽しむ シャンソンミニコンサート

  • 坂本 光世(アコーディオン指導者協会常任理事)
  • 麻生 ミエ(シャンソン歌手)
講師詳細

古びることのない珠玉のメロディが人気のシャンソンは「フランスの歌謡曲」です。
シャンソンと縁が深いアコーディオン伴奏による歌唱コンサートをお楽しみください。
コンサート後はミニレッスンで、晩秋にふさわしい「枯葉」(日本語歌詞で)を、皆さんでご一緒に歌いましょう!

<コンサート予定曲>
サンジャンの私の恋人・街・
パリカナイユ・アコーディオン弾き、他

この講座は終了しました
日程
2019/11/28
曜日・時間
木曜 15:30~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,080円 一般 3,740円

講師詳細

坂本 光世(サカモト ミツヨ)
ジャズピアニストとして活躍中にアコーディオンとめぐり会い、その魅力に取りつかれる。現在はイベント、コンサート、リサイタルでアコーディオン演奏しながら、日本アコーディオン指導者協会常任理事として生徒指導を行っている。また、鍵盤ハーモニカの表現力に注目し、コンサートでジャズやシャンソン、童謡などを演奏して好評を得ている。アコーディオン独奏を平山尚氏に師事。主な作品:CD「坂本光世アコーディオン・ソロ・コレクション」、著書「音楽療法に使えるいきいきアコーディオン曲集1」他多数。
麻生 ミエ(アソウ ミエ)
宝塚歌劇団雪組出身、4年間舞台生活を送る。結婚のため退団、子育てに専念。
1992年よりカンッオーネの村上進氏に師事。その後都内シャンソニエで歌い始める。03年内幸町ホールで『一人の女の人生』をテーマにリサイタルを開催。06、07年草津音楽の森コンサートホールでコンサート。
最近の活動として昭和記念公園に於ける「こすもす祭り」のコンサート、明治安田生命ホールのコンサートに出演。12年下北沢でクラッシックとシャンソンのホームコンサートを開き好評を得る。13年「パリ~巴里へ」「antique STRINNGS FESTIVAL」「シャンソンフェスティバル」など。国立、立川を中心にライブ活動を展開。パリの香りのするシャンソン、 人の心に響く歌を目指している。