【オンライン受講】流大が語るラグビーの魅力 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 流 大選手
  • 村上晃一さん
  • 流 大(東京サントリーサンゴリアス所属)
  • 村上 晃一(ラグビージャーナリスト)
講師詳細

 久しぶりに流大選手が朝日カルチャーセンター立川教室に帰ってきます。前回はラグビーワールドカップ2019の直後でした。2021年6月、日本代表は再始動し、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ、アイルランド代表と対戦しました。しかし、そこに流大選手の姿はありませんでした。日本代表から距離を置き、仲間たちの戦いを流選手はどう見たのでしょう。離れたからこそ感じたこととは? もちろん、新リーグに向かっての意気込みも語っていただきます。熱くて楽しいラグビートーク、ぜひご参加ください。(村上講師・記)

<質問募集>質問は事前にメールで受付いたします。締め切りは8月16日必着です。件名に「ラグビーの魅力」質問と入れてtc9acc2@asahiculture.comにお送りください。※時間の都合上すべてのご質問にはお答えできません。予めご了承ください。

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はオンライン受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は tc9acc2@asahiculture.comまでお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はtc9acc2@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。





この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoom(ウェビナー)を使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。・こちらはオンライン受講用の受付になります。

日程
2021/8/21
曜日・時間
土曜 18:00~19:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,850円 一般 4,950円
その他
※ゲストのコンディションやチームスケジュールの変更などにより、講座の延期または中止することがあります。

講師詳細

流 大(ナガレ ユタカ)
1992年9月4日生まれ、福岡県久留米市出身。りんどうヤングラガーズ(ラグビースクール)でラグビーを始め、熊本県立荒尾高等学校では3年生時にキャプテンを務める。その後進学した帝京大学では4年生時にキャプテンを務め、チームを大学選手件6連覇に導く。サントリーサンゴリアスでも2016年からキャプテンを務め、2016年~2018年までの2シーズンではチームをトップリーグと日本選手権の2連覇に導く。2018年にはサンウルブズの共同キャプテンも務める。2019年のラグビーワールドカップでは、日本代表として5試合全てに先発出場し、日本ラグビー史上初の決勝トーナメント進出に貢献する。
村上 晃一(ムラカミ コウイチ)
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションはCTB/FB。86年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年 4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。「ラグビーマガジン」、「ナンバー」(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。98年よりJ SPORTSのラグビー解説も継続中。1999年からワールドカップでコメンテーターを務める。著書「ラグビー愛好日記トークライブ集」、「仲間を信じて」、「ハルのゆく道」、「ラグビーが教えてくれること」など。