はじめてでも描けるペン風景画 奈良の法起寺を描く

  • 講師作品
  • 師岡 正典(ペン画家)
講師詳細

奈良の「法起寺」の風景を、黒のミリペンを使って一枚の絵にするペン画講座です。
初心者も気軽に挑戦できるように、講師の下絵をなぞりながら描き始めます。
陰影のつけ方など基本的な技法を一から丁寧にお教えします。
簡単な画材で、細密に描き上げていくペン画の魅力を体験してみませんか。

この講座は終了しました
日程
2019/7/13
曜日・時間
土曜 18:00~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,240円
持ち物など
《用意するもの》鉛筆(2B)かシャープペンシル(2B)、練り消しゴム、消しゴム
※お手本、紙、ペンは講師が用意します。400円を教室で講師にお支払いください。
その他
常設講座「はじめてのペン画」土曜クラスの初回合同授業です。ふだんの講座の雰囲気もあわせてお楽しみ下さい。お申込みは開講の3日前までにお願い致します。

講師詳細

師岡 正典(モロオカ マサノリ)
奥多摩育ち。武蔵野美術学園で油絵を学んだ後、フランスのエコール・デ・ボザール美術学校へ留学。ル・サロン展、サロン・ドートンヌ展に入選。帰国後、81年からペン画を始め、個展数回。著書に「ペン画のすすめ」(日貿出版社)、「はじめてでも描けるペン風景画」(マール社)。
講師ホームページ http://www.geocities.jp/moro_pen/
ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/moro_pen13