中野友加里と小塚崇彦のフィギュアスケート徹底解説 ここでしか聞けない!

  • 中野友加里さん©T-HONMA
  • ゲスト:小塚崇彦さん
  • 会場は立川市女性総合センターアイムです。
  • 中野 友加里(元フィギュアスケーター)
  • 小塚 崇彦(プロフィギュアスケーター)
講師詳細

日本で開催される特別な舞台、2019年3月の世界選手権!メダルの行方は誰の手に――。
元トップスケーターでジャッジ資格をもつ中野友加里さんが、今季を振り返りながら、開幕直前の世界選手権の見どころなど、分かりやすく解説します。特別ゲストとして、プロフィギュアスケーターの小塚崇彦さんをお迎えし、小塚さんとここでしか聞けない徹底解説を展開します。
中野さんと小塚さんは、名コーチ・佐藤信夫・久美子ご夫妻の指導のもと、リンクでともに練習を重ねました。どんな時も励まし合いながら、まるで姉と弟のように過ごした日々。お互いを「友加里ちゃん」「崇ちゃん」と呼び合うおふたりの仲良しトークもぜひお楽しみください!

この講座は終了しました

注意事項

■満席後は、キャンセル待ちで承ります。立川教室にてお電話で承ります。
■満席表示が出てからも、席が若干残っている場合がございます。最新のお席の状況は、立川教室TEL042-527-6511までお問い合わせください。

日程
2019/3/16
曜日・時間
土曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,672円 一般 4,320円
持ち物など
■当日は会場入口にて整理番号をご提示ください。開場は18時45分の予定です。全席自由です。(ご来場は18時30分以降にお願いいたします)

■入場用整理番号ははがきで3/6に発送済みです。(ご入金日時順となります)届いていない方がいらっしゃいましたら、立川教室までご連絡ください。TEL042-527-6511。

■3/11以降のお申込み、ご入金の方には、当日会場受付で入場整理券番号をお渡しさせて頂きます。

■WEB決済をご希望の方は、事前にユーザー登録をお済ませ頂くと便利です。朝日カルチャーセンター各教室トップの右上にある「ユーザー登録」ボタンをクリックしてお手続きください。お客様のIDとパスワードは、ご登録後にお客様のメールアドレスへお送りいたします。(WEB決済ではご本人様分のみのお申込みとなります。)

■電話申込の方には、コンビニエンスストアでお使い頂ける振込用紙をご郵送致します。(振込手数料無料)。ご入金のご確認まで数日間かかりますので、ご了承ください。
その他
※会場は「立川市女性総合センターアイム」1階ホールです。
JR立川駅および多摩都市モノレール立川北駅からは、歩行者デッキでつながっています。
・JR中央線/南武線/青梅線/五日市線 立川駅北口から徒歩7分
・多摩都市モノレール 立川北駅国営昭和記念公園方面出口から徒歩5分

【JR立川駅からのアクセス】 北口から伊勢丹右側の歩行者デッキを北へ道なりに進みます。パレスホテルを過ぎたところでデッキが東(右)に折れます。最初の建物が女性総合センターです。(ホールは1階です)

【多摩都市モノレール立川北駅からのアクセス】
 国営昭和記念公園方面出口から歩行者デッキへ降りて、右折し高島屋前を通過、突き当りを左折し、パレスホテルを過ぎたところでデッキが右に折れます。最初の建物が女性総合センターです。
・立川市女性総合センターアイムへのアクセス https://www.city.tachikawa.lg.jp/danjo/shogaigakushu/sogoceter/imhall/access.html

講師詳細

中野 友加里(ナカノ ユカリ)
元フィギュアスケート選手。1985年愛知県江南市生まれ。早稲田大学卒業、同大大学院修了。世界で3人目となるトリプルアクセルに成功。スピンを得意とし「世界一のドーナツスピン」と国際的にも高い評価を受けた。2005年NHK杯優勝、同年グランプリファイナル3位、2007年冬季アジア大会優勝、2006年・2007年世界選手権5位、2008年世界選手権4位。2010年バンクーバーオリンピックの代表を、浅田真央・鈴木明子・安藤美姫(敬称略)らと戦い、惜しくも代表の座を逃す。同年に現役引退し、現在はフジテレビスポーツ局勤務。14年のソチ五輪の開催時は、番組ディレクターほか、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」や産経新聞で、フィギュアスケート競技各種目のレポート・解説を担当した。またフィギュアスケートのジャッジ(審判)の資格を持ち、大会において活動も行う。2015年に結婚、現在は二児の母。著書に、『トップスケーターの流儀 中野友加里が聞く9人のリアルストーリー』(双葉社)、『トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート』(ポプラ新書)がある。
小塚 崇彦(コヅカ タカヒコ)
1989年2月27日、愛知県名古屋市生まれ。元五輪代表の父のもと、5歳からスケートを始める。2005-06シーズン、全日本ジュニア選手権・世界ジュニア選手権で優勝。2010年のバンクーバー五輪に出場、8位入賞。世界選手権は計7回出場し、2011年の大会では2位に。全日本選手権には連続12回出場し、2010年大会の優勝をはじめ、7回表彰台に上がる。2016年3月にトヨタ自動車へ社員として入社。2017年2月からはトヨタ自動車と新しい関係性を構築し、フィギュアスケートを始めとしたスポーツの普及活動を中心に、活動の幅を拡げて新たなステージに挑戦。