小説の書き方 「はじめての小説レッスン」プレ講座

  • ⒸShinnosuke Kumano
  • 大槻 慎二(文芸編集者)
講師詳細

誰もが文章を書けるからといって、誰もが小説を書けるわけではありません。ピアニストが日々のレッスンを怠らぬように、アスリートが飽くことなく基礎トレに励むように、小説には小説の練習法があります。
本格的に小説の書き方を練習する「はじめての小説レッスン」の開講を前にプレ講座で、そのコツを学びます。長年、小説作法を指導している講師が、小説を書く醍醐味と奥深さにも触れ、書き方のイロハを解説します。                 (講師・記)        

お申し込み

注意事項

<夏休み割キャンペーン対象講座です>
※キャンペーン概要はこちらから https://www.asahiculture.jp/special/tachikawa/summer2020
 

日程
2020/9/28
曜日・時間
月曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
教材費(税込)
-
設備費(税込)
165円
その他
★この講座はレクチャーのみで作品の提出はありません。
★2020年10月開講の「はじめての小説レッスン」のプレ講座です。

講師詳細

大槻 慎二(オオツキ シンジ)
1961年生まれ。83年より福武書店にて文芸誌「海燕」ほか多くの文芸書の編集に携わった後、96年より朝日新聞社で「一冊の本」、「小説トリッパー」、朝日文庫などの編集長を歴任。現在、大阪芸術大学、奈良大学で出版・編集、創作の講座を持つ。著書に凪沢了の筆名で短編集『ジーンズをはいた女神たち』がある。