地方仏を歩く 紀伊半島編  ほっとけない仏たち 
  • 教室・オンライン同時開催

  • 青木淳講師
  • 青木 淳(多摩美術大学教授)
講師詳細

 紀伊半島での調査は思い出深い仏像たちとの出会いが多くありました。三重県は古くより伊勢神宮との関係から多くの末社と神宮寺が作られました。それゆえにこの地域では、神仏習合にまつわる不思議な仏像が残されています。また東大寺と縁の深い平安時代初期の観菩提寺(正月堂)、重源や快慶ゆかりの新大仏寺、そして江戸時代の画家曾我蕭白や長沢芦雪などが旅をしながら名作を残したのもこの地域です。また和歌山県は高野山ゆかりの文化財が多く残るほか、有田地域出身の高山寺明恵の遺跡、さらに白鳳時代まで遡る仏像の名品が目白押しです。地方仏の楽しみをたっぷりとご紹介したいと思います。(講師・記)

画像は、左:三重県朝田寺大日如来像、右:和歌山県慈光円福院十一面観音像

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はtc9acc2@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

★先生のご都合により、日程が変更になりました。12/15休講→12/1木曜に変更。10/27付

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。本講座はアーカイブ動画の配信はありません。

日程
2022/12/1
曜日・時間
第1週 木曜 13:30~16:45
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,600円 一般 8,800円
設備費(税込)
165円

講師詳細

青木 淳(アオキ アツシ)
1965年東京生まれ 総合研究大学院大学修了・博士(学術)多摩美術大学教授 専門は日本美術史・宗教文化史 鎌倉時代の仏師快慶の研究者として知られる。最近ではNHKスペシャル「運慶と快慶 新発見!幻の傑作」に出演。著書に『福島の磨崖仏―鎮魂の旅へ』(淡交社 2017)・『四国の仏像―いにしえの祈りのかたち』(淡交社 2015)など。