聖書の絵画 キーワードで見る物語のドラマと心理 キーワードで見る物語のドラマと心理

  • ジョット《銀貨を受取るユダ》(部分)
  • ホーフェルト・フリンク 《ヤコブを祝福するイサク》部分
  • 髙木 真喜子(東京藝術大学講師)
講師詳細

聖書の物語を読んでいると、登場人物に共感したり、逆にその行動に反発を感じたりと、つい小説を読んでいるかのような感情を抱いてしてしまうことが度々あります。聖書の記述には詳細に記されていない場面の情景や人物たちの心の内は、美術作品においても様々に解釈され、表現されてきました。場を満たす感情、あるいは登場人物個人の心理を表すキーワードを各回のテーマに、様々な時代の作品を取り上げ、ご一緒に学習と鑑賞を楽しんでいきたいと思います。(講師・記)

10/8 「兄弟」をめぐる感情
11/12 「強い」英雄(ヒーロー)
12/10 「女主人公(ヒロイン)」の心情
1/14 「嘘つき」の演技
5/12 「選ばれた人」の人格(キャラクター)


この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

★3/10休講→5/12火曜10:15~11:45に振替です。

日程
2019/10/8, 11/12, 12/10, 1/14, 5/12
曜日・時間
第2週 火曜 10:15~11:45
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 
教材費(税込)
教材費 550円

講師詳細

髙木 真喜子(タカギ マキコ)
1999年東京藝術大学美術学部卒業、2001年同大学大学院修士課程美術研究科芸術学専攻修了、07年同大学大学院美術専攻芸術学研究領域博士課程修了。同年同大学西洋美術史研究室助手、10年同大学芸術学科助教、13年同大学講師。2019年より立教大学学芸員課程教育研究コーディネーター、2020年より現職を兼任。