食で辿るヨーロッパ史Ⅱ -中世前期ヨーロッパ:東部と西部の食卓- 
  • 教室・オンライン同時開催

  • 撮影/五十嵐美弥(小学館)
  • ビザンツ帝国風山羊肉煮込み カルニブス
  • 遠藤 雅司(歴史料理研究家)
講師詳細

 歴史上の文献を見ながら「食」を起点として、2500年にわたるヨーロッパの歴史を概観します。歴史上の数々の出来事のかげで、食卓にはどんな影響が及んでいたのか。第2回は中世前期の6世紀から10世紀のヨーロッパの食文化の変遷とヨーロッパの東側と西側ではどのような食材があり、その差があったのかを紹介します。
 今回の講義では、「ローマ帝国味付け論争」とも言うべきビザンツ帝国と神聖ローマ帝国の交渉をコンスタンティノープル使節団が著した貴重な記録の中のビザンツ帝国の食卓を例に、ヨーロッパ東部と西部の食の差異と古代から受け継がれた食材や中世から新たに登場した食事法などを取り上げます。また、当時の料理をおいしく再現してきた経験を通して中世前期のヨーロッパ料理を徹底解読します。 (講師記)



〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はtc9acc2@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに、メールアドレス登録のある受講者の皆様に、講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 tc9acc2@asahiculture.com  までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。メールアドレス登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。
★資料がある場合はメール添付にて送信いたします。郵送はしておりません。

★お申し込み締切:8/26(金)
★キャンセル締切:8/23(火)

日程
2022/8/27
曜日・時間
土曜 15:30~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

遠藤 雅司(エンドウ マサシ)
歴史料理研究家。世界各国の歴史料理を再現するプロジェクト「音食紀行」主宰。 著書に『歴メシ!』(柏書房)、『英雄たちの食卓』(宝島社)、『宮廷楽長サリエーリのお菓子な食卓』(春秋社)、『古代メソポタミア飯』(大和書房)、『食で読むヨーロッパ史2500年』(山川出版社)。漫画「Fate/Grand Order 英霊食聞録」で食文化と料理を監修。明治の食育サイト「偉人の好物」にて監修を担当。