聖書の神話

  • 藤谷 道夫(慶應義塾大学教授)
講師詳細

この講座では旧約聖書の『創世記』前半に描かれる天地創造からノアの方舟までの物語をヘブライ神話として考察します。
旧約聖書は《神の言葉を記した聖なる書》として一般に認知されていますが、実は、ギリシャ神話同様、文学作品としての起源を持ち、創作されたものです。同じく、新約聖書のキリスト誕生の物語などの《神話》の作り方を開陳します。聖書も、ギリシャ神話同様、現実の出来事を核としながらも、そこから創作された民族のフィクションであることがお判り頂けるでしょう。
 最後の2回となる今期では、こうした創作が事実や伝統として受け入れらることになるパターンを俯瞰し、出来事を3次元的にとらえる《時代考証》の考え方がいかに重要かを多くの事例を用いて説明します。この時、私たち現代人も根拠なきフィクションに思考が囚われていることに気づくことになります。
古代の研究は現代にも光を投げかけてくれるのです。(講師記)
※本講座は2020年6月開講、全6回となります。今期は第5・6回にあたります。

※オンラインでご受講の場合の注意事項:
・Zoomは簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・お申し込みは開講2日前までにお願いいたします。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。お申込み後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・講座前日にメールアドレス登録のある皆様に、講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。


※藤谷先生の講座は第2週に「ダンテ『神曲』を読み解く」もあります。
https://www.asahiculture.jp/course/tachikawa/b3340527-bffc-7bea-bac6-5f1f92bcc8d5

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/10/23, 11/27
曜日・時間
第4 金曜 15:30~17:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 5,940円 
設備費(税込)
330円
その他
教室でもオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったハイブリッド講座です※先生は教室でご講義されます。メールアドレスの登録がある方には 全員に、講座開講前日に ZOOMの招待状を送ります。招待状とは別途、講義資料もPDFで送ります。招待状不要の方は開講2日前までにご連絡をお願いいたします。本講座はアーカイブ動画の配信はございません。

講師詳細

藤谷 道夫(フジタニ ミチオ)
慶應応義塾大学文学部仏文科卒。筑波大学大学院博士課程文芸言語研究科文学(西洋古典学)専攻課程修了。イタリア給費留学生としてフィレンツェ大に留学。ギリシャ神話の他、ルクレーティウスを始めとするラテン詩からダンテまでを科学と文学と哲学の視点から研究している。朝日カルチャーセンター新宿教室、横浜教室、立川教室で『神曲』の講義を継続中。著書に『ダンテ『神曲』における数的構成』(慶応義塾大学出版会)、訳書に、マリーナ・マリエッティ著『ダンテ』(白水社クセジュ文庫)、『神曲』地獄篇第1歌-第17歌(河出書房新社)などがある。