日本古代史

  • 倉本 一宏(国際日本文化研究センター教授)
講師詳細

この列島が中国の史料に登場して以来の歴史を、時代順に考えていきます。「倭国の誕生」から中世への道程までを、何年かかけて解説します。中国史料や日本史料の精確な読みに加えて、考古学の成果を援用していきます。

<テキスト> レジュメをコピーして配布します。
<参考書>『改訂版 詳説日本史研究』(山川出版社、2008年)倉本一宏『持統女帝と皇位継承』(吉川弘文館、2009年)倉本一宏『壬申の乱』(吉川弘文館、2006年)倉本一宏『壬申の乱を歩く』(吉川弘文館、2006年)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

受付一時中止

注意事項

※4月1日から全講座を休講し、当面臨時休業いたします。休講に伴う日程の振り替えなどは、ただいま調整中です。営業再開の見極めがつきましたらお知らせいたします(4/1)

日程
2020/4/25, 5/9, 5/23, 6/13, 6/27
曜日・時間
第2・4 土曜 15:30~17:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 
教材費(税込)
教材費 275円
設備費(税込)
825円
その他
※講師都合により、日程変更の可能性がございます。何卒ご了承お願いいたします。
※資料は教室の入り口に置いてあるので、各自1部ずつお取りください。

講師詳細

倉本 一宏(クラモト カズヒロ)
1958年三重県津市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科国史学専門課程博士課程修了。現在、国際日本文化研究センター(日文研)教授。博士(文学、東京大学)。主要著書:『一条天皇』『壬申の乱』(以上、吉川弘文館)、『藤原道長の日常生活』『戦争の日本古代史』『内戦の日本古代史』(以上、講談社現代新書)、『蘇我氏』『藤原氏』『公家源氏』(以上、中公新書)、『はじめての日本古代史』(ちくまプリマー新書)、『皇子たちの悲劇 皇位継承の日本古代史』(角川選書)など。