• 見学可

やすらぎの仏像彫刻
  • 教室開催

  • 小澤 一夫(小仏彫刻の会)
講師詳細

本来の仏像彫刻は、四角いヒノキの用材に墨をひき、鋸を入れ、ノミで叩く“木取り”から始まります。これには多くの道具と想像以上の労力を要します。そのため、この講座では、荒彫りのできた用材から彫りすすめていきます。初めて彫刻刀を持たれる方でも、数回で一体の菩薩さまを完成することができます。初心地蔵からはじめて、小仏地蔵、白衣観音、阿弥陀如来、薬師如来と進みます。
 一体でも小仏を彫ってみると、仏像の見方が大きく変わったことに気付かれるでしょう。お寺巡りや仏像巡りの楽しみも倍加されることと思います。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2021/7/19, 8/2, 8/30, 9/6, 9/20
曜日・時間
第1・3・5 月曜 15:30~18:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 22,000円 
設備費(税込)
825円
持ち物など
・20cm定規、筆記用具、エプロンまたはひざ掛け、彫刻刀
<新規ご受講の方 お申し込み時にご予約ください>
初心地蔵用材(約2,000円)、彫刻刀8本セット(16,000円(税別))、テキスト「やすらぎの仏像彫刻」岩松拾文著2,800円(税別)。
初日に教室で販売いたします。(彫刻刀をお持ちの方はご持参ください。)

講師詳細

小澤 一夫(オザワ カズオ)
ボケ予防に指先を使う趣味はないかと心掛けていたところ仏像彫刻と出会い、趣味が高じて岩松拾文仏師に認められた。一人でも多くの人が仏様と接する機会を願い指導している。