クリムトを巡ってウィーンの街歩き 没後100年

  • 沖島 博美(旅行作家)
講師詳細

 今年は日本とオーストリアの修好150年となる記念の年です。「クリムト展」など様々なイベントが開かれており、オーストリア、特にウィーンへの関心は高まるばかりです。これを契機に、もっとウィーンのことを知りたい、と思われる方へ、クリムトを巡りながらウィーンの観光名所をご案内しましょう。
クリムト絵画最大のコレクションはベルヴェデーレ宮殿です。そこから坂を下って来るとクリムトの名画を見られるウィーン博物館、クリムトが活躍したセセッションの建物があります。華麗な国立歌劇場を眺めてリング大通りを歩くと美術史美術館やレオポルト博物館が現れ、ここにもクリムトの名画があります。さらに壮麗な国会議事堂や市庁舎を鑑賞しながらクリムトゆかりの美しいブルク劇場と立派なウィーン大学へ。そして郊外のシェーンブルン宮殿へ行く途中にはクリムトのアトリエがあります。この様にクリムトを追いかけるだけでも素敵なウィーン巡りができるのです。           (講師記)

お申し込み
日程
2019/6/29
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,024円 一般 3,672円
持ち物など
★資料は教室で配布いたします。

講師詳細

沖島 博美(オキシマ ヒロミ)
1983年より書籍や雑誌その他でドイツ語圏の民俗、歴史、文化を紹介し続ける。主な著書は『ウィーン』、『ザルツブルク』、『ハンガリー』、『ベルリン/ドレスデン』、以上日経BP社、『わがまま歩き ウィーン・ブダペスト・プラハ』実業之日本社、『グリム童話で旅するドイツ・メルヘン街道』、『プラハ迷宮の散歩道』以上ダイアモンド社、、『ドイツ・クリスマスマーケット案内』河出書房新社、『皇妃エリザベートをめぐる旅』河出書房新社、『無形文化財ウィーンのカフェハウス』河出書房新社、その他多数。