映画『第三の男』とウィーン 前編
  • 教室・オンライン同時開催

  • ハリーが隠れていた街角
  • ウィーンにある第三の男ミュージアム
  • ハリーが逃げた道
  • 岡部 由紀子(ゲルマン民俗研究家)
講師詳細

 1948年、イギリス人の脚本家グレアム・グリーンと映画監督キャロル・リードが訪れた英米仏ソ占領下のウィーンは、やるせない気分が漂い、戦禍の瓦礫の陰に不気味な生き物が蠢いているような町でした。闇に浮かぶ灯を巧みに駆使したドキュメンタリータッチのミステリー映画は、1949年に公開されるとカンヌ映画祭のグランプリをはじめ多くの賞に輝き、民族楽器チターの情感あふれる音色にのせて世界を席巻しました。
 講座では、2回に分けて制作秘話と時代背景に触れます。映画のシーンとその現在の姿を、スクリーンショットと私の写真で比較し、映画の舞台となった場所や建造物を通して、観光ルートから外れたウィーンらしさが残る旧市街を紹介します。映画にまつわる資料を収蔵している「第三の男ミュージアム」の情報も活用し、作品の魅力に迫ります。(講師・記)


◎当講師のドイツ語クラス開講中!(第2・4木曜/11:45~13:15)
  ➡「絵本で学ぶドイツ語 ツヴェルガー挿絵シリーズ『ハーメルンの笛吹き男』 」はコチラからhttps://www.asahiculture.jp/course/tachikawa/6b4aff9f-5a5f-545c-d011-62abf602e3b1


〈ご案内事項〉
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
●本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
●配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
●開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合はtc9acc2@asahiculture.comまでお問合せください。
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
●第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
●オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日2日前まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はtc9acc2@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。











この講座は終了しました

注意事項

●本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
●ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

◇お申し込み締切(2日前)  ➡延長します!当日11:00まで
◇キャンセル締切(4日前)

日程
2022/11/26
曜日・時間
土曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,333円 一般 4,433円
教材費(税込)
教材費 110円
設備費(税込)
165円

講師詳細

岡部 由紀子(オカベ ユキコ)
国際基督教大学卒業(文化人類学専攻)。ウィーン滞在中、国立民族学博物館のドイツ語文化圏の展示資料の蒐集にあたり、帰国後ヨーロッパ民俗文化研究に携わる。ブログ「めらん樹」 ➡http://melange.sblo.jp