【新設】絵本翻訳のたのしみ

  • おびか ゆうこ(児童文学翻訳家・英語講師)
講師詳細

 絵本の英語は簡単に思えるかもしれませんが、いざ翻訳するとなると、絵本ならではの難しさがあります。小さな子どもたちにもわかりやすい「絵本の言葉」にしなければなりませんし、絵もふくめた作品全体を理解することも大切です。
 この講座では、原文と訳文を比べたり、それぞれを声に出して読んでみたり、講師の経験をお話ししながら、絵本を翻訳する楽しみを味わっていただきたいと思います。短い絵本の翻訳にも挑戦しましょう!(講師・記)

※レベル:中学卒業程度の英語基礎力のある方が対象のクラスです。

お申し込み

注意事項

5/10、24休講 → 9/13、27補講

日程
2020/9/13, 9/27
曜日・時間
第2・4 日曜 10:30~12:00
回数
2回
受講料(税込)
会員 6,600円 一般 8,800円
設備費(税込)
330円
持ち物など
資料は、当日配布いたします。

講師詳細

おびか ゆうこ(オビカ ユウコ)
国際基督教大学語学科卒業。福武書店(現ベネッセ)に入社し、児童書部で海外業務と翻訳絵本の編集を担当。ミュンヘン国際児童図書館での研修等のため渡独。帰国後、児童書の翻訳を始める。絵本の訳書に、『エリーちゃんのクリスマス』、『ジャックと豆の木』(以上福音館書店)、『だれかぼくをぎゅっとして』、『ロバのジョジョとおひめさま』(以上徳間書店)、『おばあちゃん、ぼくにできることある?』(偕成社)、『ぼくらはなかよし、ラン、ラン、ラン!』(光村教育図書)など多数。講師ホームページ https://obikayuko.com