デジタルカメラスキルアップ Ⅰ
  • 教室開催

  • 野澤 勝(写真家)
  • 池永 一夫(写真家)
講師詳細

写真上達にデジタルカメラの知識は必要ですが、それだけ学んでも優れた写真は写せません。対象をどのように写すのかという表現技法も学ぶ必要があります。そこで、被写体の発見から映像表現に結びつけるためには、どうやってイメージを構築していけば良いかを作者が思考する手助けをするのがこの講座です。(講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました

注意事項

【休講のお知らせ】2022/5/9
講師体調不良のため5/17は休講、7/5までを今学期とします。5/17に予定していた講評会は5/31に行います。
※6月より担当講師が変更となります。野澤先生に代わり、池永一夫先生になります。

日程
2022/4/5, 4/19, 5/31, 6/7, 6/21, 7/5
曜日・時間
第1・3 火曜 10:15~12:15
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
設備費(税込)
495円
持ち物など
新規の方はデジタルカメラ(コンパクト・一眼レフどちらでも可)。使用説明書、講義の日は筆記用具。
その他
※6/7は教室での講義+自由作品講評会(1人2点まで)となります
☆野外撮影は教室への変更や、天候により翌週の火曜日に変更になることがあります。
☆講評会の日は10:00開始、12:30頃終了です。
※LUMINE開店前は1階からエレベーターで9階までお越しください。

講師詳細

野澤 勝(ノザワ マサル)
1943年、東京生まれ。阿佐ヶ谷美術学園工芸デザイン科卒業。モータースポーツカメラマンとして取材活動した後、広告写真分野に移行、現在に至る。コダックフォトクラブ季刊誌コンテスト審査員、ペンタックス写真講座講師などを務める。
池永 一夫(イケナガ カズオ)
1952年大分市生まれ。東京写真大学(現東京工芸大学)卒。カメラメーカーに入社し、商品開発や写真クラブの組織運営に携わる。写真テキストの「林檎の秘密」を編集。武蔵野美術大学通信教育課程の「カメラリテラシー」の講師を務める。写真ギャラリーの運営を担当したのちに退職。現在は写真のレクチャーや執筆をおこなう。俳句を趣味に一滴会(しずくかい)同人。