• 見学可

水墨画

  • 杉本 桂山(松本奉山水墨画会)
講師詳細

水墨画の「筆法」を初歩から学びます。「筆法」は、一本の筆が自然な形のままに、対象を最も適切に表現する筆づかいのことです。水墨画の基本といったらいいでしょう。一歩、一歩確実な筆づかいが習得できれば、毛筆のもつ微妙なはたらきが分かり、独特な墨色の美しさを知ることができます。さらに、いろいろな物の美しさを発見するにつれ、作品の範囲も次第にひろがります。
最初は、お手本をもとに「蘭」から描きます。やがては、デイジー、チューリップ、ショウブ、菊などの草花、野菜や静物などにも取り組みます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/2, 10/16, 10/30, 11/6, 11/20, 12/4, 12/18
曜日・時間
第1・第3・第5 水曜 13:00~15:00
回数
7回
受講料(税込)
会員 23,100円 
持ち物など
硯、墨、筆巻き、日本手ぬぐいはお手持ちのものをご持参下さい。他の道具(筆、和紙、毛氈、筆洗など・・・)は指定の物をお教室でお買い求めいただきます。お申し込み時にご注文下さい。

講師詳細

杉本 桂山(スギモト ケイザン)
女流水墨画家として国内はもちろん国外でも知られている松本奉山さんに師事。松本奉山水墨画会メンバーとして活躍。東京・銀座、大阪・心斎橋で個展開催。