災害時の“食”を考えよう いざという時の料理の工夫

  • 鈴木 佳世子(一社)危機管理教育研究所 認定防災クッキングアドバイザー)
講師詳細

今日災害が起こったら、あなたの家にはどんな食材がありますか。
災害時にはガスや電気の停止、水が出ないなど、食事を作るとしてもさまざまな制約が起きます。
市販の非常食に頼るだけでなく、家庭にある身近な食材を活かして作れる献立と料理の工夫を、分かりやすく解説します。

この講座は終了しました
日程
2020/1/30
曜日・時間
木曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円

講師詳細

鈴木 佳世子(スズキ カヨコ)
1995年に起きた阪神淡路大震災の被災経験から、災害時における食の大切さを知る。
家庭に常備されている食材を使い、最小限の火や水を使った料理のレシピを広める活動を行っている。また、料理研究家・野菜ソムリエとしても活躍中。