• トライアル可

映画で知るドイツの言葉と文化
  • 教室開催

  • フランツィスカ・ リット(語学講師)
講師詳細

映画のシナリオを教材にして、映像を見ながら実際に使えるドイツ語を身につけましょう。
2022年4月期よりマイケル・ショア監督作品、映画『Schultze Gets the Blues』 (2003:独) を題材にしています。

映画の主人公は炭鉱労働者として長年働いていた中年のシュルツ。東ドイツの隔たった村に住んで、仕事の後で同僚と一生にビールを飲んで、暇に庭の手入れ、村の民謡ブラスバンドにアコーディオン奏者として所属し、何も変わらない毎日を過ごしていました。ある日ラジオでケイジャン音楽に出会います。アメリカのメロディーが耳について離れなくなってしまった彼は
さっそくアコーディオンでそのメロディーを試し弾き、一度もドイツを離れたことがない彼は、英語が話せないままアメリカへ旅立ち…
こじんまりした微笑ましいコメディーとして評価された、音楽の魅力だけではなく、ドイツのリアルな日常生活が描かれた映画です。

映画と教材の大部分はドイツ語ですので、中級程度が望ましいですが、もう一度ドイツ語に触れてみたい方も歓迎いたします。


★★新規でご受講検討中の皆様へ★★
まずは、トライアル受講※(有料)をお願いしております。
以下のフォームに、ご連絡先、トライアルご希望講座名、備考欄にトライアルご希望日をご記入ください。担当部署から折り返しご連絡いたします。

http://www.asahiculture.jp/tachikawa/form_gaikokugo

電話042-527-6511 にてお問合せも承ります。
お問い合わせ時間:月~金 9:45~19:00 土9:45~18:30

※トライアル受講とは?
・レッスンの進め方、レベルや教室の雰囲気を知っていただくための1回お試し受講です。原則、講座開講日であれば、いつでも受講できます。事前にご予約下さい。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2022/4/7, 4/21, 5/19, 6/2, 6/16
曜日・時間
木曜 10:00~11:30
回数
5回
受講料(税込)
会員 16,500円 
設備費(税込)
825円
持ち物など
※当日、プリント資料を配布いたします。
その他
※LUMINE開店前は1階からエレベーターで9階までお越しください。
●この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

フランツィスカ・ リット(フランツィスカ リット)
西ドイツ出身。ドイツ デュッセルドルフ大学 日本学部M.A(修士)卒業。ゲーテ・インスティテュート デュッセルドルフおよび東京勤務を経て語学学校などでドイツ語の指導に携わり、現在に至る。