【オンライン受講】近現代日本の戦争の歴史 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 山田 朗(明治大学教授)
講師詳細

 「戦争の記憶」の風化が語られるようになって久しくなりました。明治維新以降の日本の歴史は、出兵・事変・戦争の連続で、それを抜きにしては私たちは歴史を語ることができません。本講座では、幕末・維新期から第2次世界大戦にいたる日本の歴史を戦争と軍事(戦略や軍拡)に焦点をあてながら検証します。今年度は、とりわけ明治維新から1920年代の時期を対象にして、当時の国家戦略・軍事戦略がどのような判断のもとに決定され、どのように軍事力が構築され、戦争が遂行されたのかを解き明かします。(講師・記)

※オンラインでご受講ください。教室受講をご希望の方は【教室受講】からお申し込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/tachikawa/6f0a36be-e156-dd15-4064-5fe2c54435df

<10月期カリキュラム>
⑯日中戦争(2)南京事件の実態
⑰日中戦争(3)戦線の拡大と泥沼化
⑱日ソ国境紛争:張鼓峰事件・ノモンハン事件
⑲日独伊三国同盟(1):防共協定強化問題
⑳日独伊三国同盟(2):同盟締結と武力南進

<参考・以前のカリキュラム(2020年7月開始)>
①明治維新と対外膨張戦略の形成
②朝鮮半島への膨張と日清戦争
③日露戦争(1)日英同盟と戦争準備
④日露戦争(2)陸戦の実態
⑤日露戦争(3)海戦の実態
⑥日露戦争(4)日本的軍事思想の成立
⑦台湾・朝鮮への植民地支配
⑧第1次世界大戦前の軍拡
⑨第1次世界大戦と軍縮
⑩昭和初頭のアジアと日本
⑪ロンドン海軍軍縮条約
⑫国家改造運動の台頭
⑬満州事変と「満州国」 
⑭軍縮時代の終焉:「国策の基準」の決定
⑮日中戦争(1)「華北分離」と盧溝橋事件 ※この回のみ1回受講可能です。


〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」(ウェビナー)を使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は tc9acc2@asahiculture.com  までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はtc9acc2@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

本講座はZoom(ウェビナー)を使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに、メールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。メールアドレス登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/11/11, 12/9, 1/13, 2/17, 3/10
曜日・時間
第2 木曜 13:30~15:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 
設備費(税込)
825円

講師詳細

山田 朗(ヤマダ アキラ)
1956年大阪生まれ。東京都立大学大学院(史学)修了。博士(史学)。東京都立大学助手を経て1999年より明治大学文学部教授。日本近現代史・軍事史を専攻。
単著に『大元帥・昭和天皇』(新日本出版社)、『軍備拡張の近代史』(吉川弘文館)、『昭和天皇の軍事思想と戦略』(校倉書房)、『日本は過去とどう向き合ってきたか』(高文研)、『兵士たちの戦場』(岩波書店)、『昭和天皇の戦争』(岩波書店)、『日本の戦争Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』(新日本出版社)など、編著に『ものから見る日本史 戦争Ⅱ 近代戦争の兵器と思想動員』(青木書店)、『戦争と現代3 近代日本の戦争をどう見るか』(大月書店)、『登戸研究所から考える戦争と平和』(芙蓉書房出版)、などがある。