チェコの魅力 西ボヘミアの美しい町を巡る

  • 温泉で有名なマリーエンバード
  • カレル・チャペックの家
  • 青山光子
  • 沖島 博美(旅行作家)
講師詳細

 チェコは大きく二分すると西のボヘミア地方、東のモラヴィア地方に分かれ、それぞれに美しい町が点在しています。首都プラハや人気の観光都市チェスキー・クルムロフはボヘミアですが、それ以外にも思いがけない見どころがたくさんあります。西ボヘミアの温泉三角地帯には素晴らしい温泉町があり、少し下がったドイツとの国境近くにはEUヨーロッパ連合の構想を最初に発案したクーデンホーフ・カレルギー伯爵ゆかりの地もあります。彼の母、青山光子は明治時代に日本人で初めて国際結婚をした女性でした。またプラハから日帰りできる距離に日本でも人気があるカレル・チャペックの家が保存されています。プラハだけではないチェコの魅力、知られざるボヘミアの見どころをたっぷりご紹介します。 (講師・記)

お申し込み

注意事項

※ルミネ立川は営業時間短縮のため、当面の間11:00開店です。開店前は1階のエレベーターをご利用ください。

日程
2021/2/13
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
持ち物など
★資料は教室で配布いたします。

講師詳細

沖島 博美(オキシマ ヒロミ)
1983年より書籍や雑誌その他でドイツ語圏の民俗、歴史、文化を紹介し続けている。主な著書は『プラハ歴史散歩』、『チェコ歴史散歩』以上日経BP社、『プラハ旅物語』、『北ドイツ=海の街の物語』以上東京書籍、『プラハ迷宮の散歩道』、『グリム童話で旅するドイツ・メルヘン街道』、『地球の歩き方/ベルリンと北ドイツ』以上ダイアモンド・ビッグ社、『わがまま歩き/ウィーン・ブダペスト・プラハ』実業之日本社、『ドイツ・クリスマスマーケット案内』『皇妃エリザベートを巡る旅』以上河出書房新社、その他多数。