仏像鑑賞入門  美術史的視点からの基礎知識

  • 奈良 室生寺金堂内陣安置仏像群
  • 齊藤 経生(女子美術大学名誉教授)
講師詳細

 “奈良の大仏” と “鎌倉の大仏”、その姿や信仰の意味の違いはわかりますか。仏像は日本の仏教信仰史上、また歴史上重要な意義を有するばかりでなく、その姿に “美” を感じ、魅了されるであろうことは多くの人々の共通する認識であると言えるでしょう。しかしながら仏像は、釈迦如来に始まって観音菩薩、不動明王、吉祥天など、そのほか多くの種類の尊像が制作されてきました。
そこでどれも同じようにみえる仏像に、すこしでも興味や関心が持てるようにその名前や姿形のきまり、信仰の基本的な意味などについて、平易な言葉でわかりやすく解説します。なお、仏像鑑賞と理解の一助として、また具体例として日本の国宝や重要文化財に指定された仏像のスライド映写を多用します。

【4月期カリキュラム】
第1回 はじめに―仏像の始まりと仏像の世界  
第2回 仏像の種類と姿(Ⅰ)如 来      
第3回 仏像の種類と姿(Ⅱ)如 来      
第4回 仏像の種類と姿(Ⅲ)菩 薩     
第5回 仏像の種類と姿(Ⅳ)明 王      
第6回 仏像の種類と姿(Ⅴ) 天       
第7回 まとめに代えて その他―蔵王権現、高僧・祖師像など  

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

※4/17、24、5/1、15、29、6/5、6/19 → 7/3、17、8/7、21、9/4、9/18、10/2に振替です。
※4月1日から全講座を休講し、当面臨時休業いたします。休講に伴う日程の振り替えなどは、ただいま調整中です。営業再開の見極めがつきましたらお知らせいたします(4/1)

日程
2020/7/3, 7/17, 8/7, 8/21, 9/4, 9/18, 10/2
曜日・時間
第1・3・5 金曜 13:00~15:00
回数
7回
受講料(税込)
会員 20,790円 
設備費(税込)
1,155円
その他
資料代は受講料に含まれております。

講師詳細

齊藤 経生(サイトウ ツネオ)
1941年東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科芸術学専攻博士課程修了。1977年女子美術大学講師、助教授、教授を勤める。主に日本を中心としてインド、中国など東洋の仏教美術史を専門とする。主な著書に『仏像観賞の旅』(共著)里文出版、論文に『定朝様の誕生』(「歴史公論」116号雄山閣)、『鶏足寺の本地仏について』(「國華」985号 朝日新聞社)ほか。