映画で旅するヴェネツィア 「旅情」から「ベニスに死す」へ

  • 押場 靖志(学習院大学講師)
講師詳細

イタリア人でさえ憧れる水の都ヴェネツィア。D.リーンの『旅情』やヴィスコンティの『ベニスに死す』の舞台でもあり、世界的なヴェネツィア映画祭も有名です。今世紀に入るころには、『ベニスで恋して』のような佳作が、イタリアの映画界に新しい風を吹き込みました。そんなベニスの、あるいはヴェネツィアの魅力は、いったいどこにあるのでしょうか。
この講座では、イタリア映画の巨匠たちの眼差しの中で浮かび上がる「映画のなかのヴェネツィア」についてお話しできればと思います。旧作から新作まで、名画のワンシーンをご紹介しながら、歴史の中でつねに魅力を失わない水の都をご案内できればさいわいです。(講師記)

※押場 靖志氏ブログ:雲の中の散歩のように
http://hgkmsn.hatenablog.com          

この講座は終了しました
日程
2020/2/22
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
持ち物など
★資料は、当日教室で配布します。

講師詳細

押場 靖志(オシバ ヤスジ)
東京外国語大学イタリア語学科卒。同大学院を修了。「NHKテレビ・イタリア語会話」元講師。現在、学習院大学、法政大学などで講師を務める。訳書に『F・フェリーニ、映画と人生』(白水社)などがある。講師ブログ:雲の中の散歩のように http://hgkmsn.hatenablog.com