1日体験 西洋哲学史入門 現代哲学 実存主義哲学から存在の哲学へ
  • 教室・オンライン同時開催

  • 樋笠 勝士(慶応大学言語文化研究所所員)
講師詳細

★ 10月期の初回だけを受講できる1日体験です。今期も引き続きハイデガーを取り上げます。 

 カントに始まるドイツ哲学は、フィヒテ、シェリング、ヘーゲルと続くロマン主義的な哲学・ 観念論哲学を生み,それに対する反省から、対抗する思想として生の現実を探究する 「生の哲学」(ショーペンハウエル、ニーチェ、ベルクソン、デュルタイ、ジンメルなど)が登 場します。さらに,「生の哲学」の「生」が未だ一般性を帯びていることから,個々の「わた し」の生の現実を問う動きが現れます.これが実存主義です.キルケゴール,ヤスパース, マルセルなどは,西欧のキリスト教的思想背景の下で,「絶望」や「希望」など,人生論的 哲学を展開します.その一方で時代状況の変化は激しく,宗教文化が希薄となり,唯物論や科学主義が蔓延する状況では,神無き実存主義,絶対的な孤独を問う実存主義も あらわれます.サルトルやハイデガーです.こうして「わたし」を問題にする実存主義は, 一層冷ややかでリアルな意味で「わたし」を問う人生論的な議論 へ進みます。その中で人生論的な実存主義とみなされたハイデガー哲学が、本来は存在の哲学でもあったことを明らかにしていきます。本講座では、さらに身体としての「わたし」を問う実存主義(メルロ・ポンティ)にまで、実存と存在の問いを進めていきます。

★ 5月から数回以上をかけて、ハイデガー「存在と時間」を取り上げます。

※本講座は、オンラインでもご受講可能です。オンライン受講ご希望の方は、開講2日前までにWEB決済でのみ承ります。

【オンライン受講にあたり注意事項】
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ミーティングを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の2日前までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン受講のお申し込みはWEB決済でのみ承ります(開講2日前まで)。
・キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はtc9acc2@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使った、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。(講師は教室で指導します)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・メールアドレスの登録がある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/10/2
曜日・時間
第1週 日曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,630円 一般 4,730円
教材費(税込)
教材費 110円
設備費(税込)
165円
持ち物など
樋笠講師はオンライン配信でご指導します。教室での受講のほか、ご自宅でもご受講いただけます。自宅から試聴される場合には、メールアドレスの登録が必要です。教室は変更することがあります。当日の掲示案内をご確認ください。

講師詳細

樋笠 勝士(ヒカサ カツシ)
東京大学大学院人文科学研究科博士課程。専門は、西洋哲学・美学芸術学・記号論。現在、慶応大学言語文化研究所兼任所員。新プラトン主義協会元会長・現理事。中世哲学会理事。 編著『フィクションの哲学』(月曜社)、共著『光の形而上学』(慶應大学)及び『存在論の再検討』(月曜社)等、訳註書に「シャンポー のギョーム『命題集』」(平凡社)、「バウムガルテン『形而上学』訳註」(成城大学)など。