切らずにつくる「帯結び」

  • 塩川 潮子(帯工房「遊創」主宰)
講師詳細

着物は着たいけれど帯結びが面倒、帯は持っているけれど結び方がわからない、昔は簡単に結べたけれど今は結ぶのが疲れる、などと帯結びに悩む皆様にぜひおすすめしたい講座です。
「簡単にお太鼓が結べる」手持ちの帯を折りたたみ、何箇所か糸でとめて作る「帯結び」。この帯だと2~3分で結べて着付けが楽になり、帯を切る必要がありませんので、糸を解くと元の形に戻ります。講座では、作り帯を作成した後、手早く装着するコツもお教えいたします。
「お太鼓」ができる方には「角出し」の結び方を指導しますので、引き続きのご受講をお勧めします。

※名古屋帯か袋帯をご持参ください。
※手話通訳で対応もできます。必要な方はお申込み時にお申し出ください。

この講座は終了しました
日程
2019/9/19
曜日・時間
木曜 14:30~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,888円 一般 4,536円
教材費(税込)
教材費 540円
持ち物など
【持ち物】
袋帯又は名古屋帯1本、糸通し、糸切りバサミ、指ぬき(金製がお勧め)、洗濯バサミ10つ、手芸用メジャー(試着用に)帯枕、帯揚げ、帯板、帯締め、薄手のタオル(なくてもよい)

※糸と針は用意しますので、持参不要です。
※角出しをご希望の場合は別途教材費あり。教室で講師にお支払いください。
※針を通しやすくするために、帯は干してからお持ちください。
※夏帯でも大丈夫です。

講師詳細

塩川 潮子(シオカワ シオコ)
和裁士。帯工房「遊創」主宰。