韓国エンタメの功績 なぜ世界で成功したのか
  • オンライン講座

  • 菅野朋子著『韓国エンタメはなぜ世界で成功したのか』(2022)文春新書
  • 菅野朋子さん
  • 菅野 朋子(ノンフィクションライター)
講師詳細

 最近、エンターテインメントの世界では韓国の音楽やドラマなどのニュースで溢れています。2020年、映画『パラサイト 半地下の家族』が米アカデミー賞で4冠を受賞し、同年、音楽では「BTS」が米ビルボードのメインチャートで1位に。Netflixでは韓国ドラマが世界で人気となり、今年9月にはドラマ界のアカデミー、米エミー賞で非英語圏作品とし初めてノミネートされたNetflixオリジナル韓国ドラマ『イカゲーム』が監督賞をはじめ6部門で受賞するなど韓国エンタメはそのパワーを続けて披露しています。なぜ韓国エンタメが世界の舞台で目覚ましい活躍をしているのか。本講座では、そのターニングポイントとなった韓国社会の変化を取り上げながら、韓国エンタメがどう変貌してきたかについてお話しようと思います。(講師・記)

【カリキュラム】
第1回 世界市場へ視点を転じるきっかけとなった「経済危機」
 80年代末の民主化により「表現の自由」を獲得したそのエネルギーは、音楽、ドラマ、映画界に新しい風を起こしました。そして、97年の経済危機によるIMF介入により韓国は産業構造の転換を迫られ、韓国社会は大きく変わっていきます。K-POPではBoAの誕生以降、ドラマでは日本での『冬のソナタ』の大ヒットにより大きく変貌した韓国エンタメ界についてお話します。

第2回 デジタル社会到来による世界進出の本格化
 経済危機により産業構造の転換を余儀なくされた金大中元大統領(故人)は、「IT産業」を成長が見込める分野として掲げ、そのインフラ整備を進めました。このITによるインターネットの普及は韓国社会にさまざまな価値観の変化を促しました。それがエンタメ界にどのような影響を及ぼし、世界市場に進出するきっかけとなったのか、過程をたどります。

第3回 世界で活躍する韓国エンタメの今/韓国での日本エンタメの受容
 韓国エンタメが世界の舞台で活躍するようになり、音楽やドラマ制作などでアメリカ企業と提携する韓国のエンタメ企業も増えてきました。そうした現況と韓国のエンタメが持つ課題、また、かつて韓国で人気だった日本のエンターテインメントが現在、韓国でどう受け止められているかなどについてお話します。



〈ご案内事項〉
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
●本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
●配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
●開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
●第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
●オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日2日前まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はtc9acc2@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

●本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。(講師はオンライン)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
●ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

◇お申し込み締切(2日前) ➡延長します!当日17:00まで
◇キャンセル締切(4日前)

日程
2022/11/24, 12/1, 12/8
曜日・時間
木曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
持ち物など
【参考文献】
●菅野朋子『韓国エンタメはなぜ世界で成功したのか』(2022)文春新書

講師詳細

菅野 朋子(カンノ トモコ)
1963年生まれ。中央大学文学部西洋史学科卒業。出版社勤務、週刊文春記者を経て、フリーのノンフィクションライター。現在、韓国・ソウル在住。著書に『好きになってはいけない国 韓国発!日本へのまなざし』(2005)文春文庫、『ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか』(2011)文藝春秋、『韓国窃盗ビジネスを追え 狙われる日本の国宝』(2012)新潮社、『韓国エンタメはなぜ世界で成功したのか』(2022)文春新書、他。