イギリスのお繕い 装飾ダーニング

  • ダーニング繕い例
  • ダーニングマッシュルーム
  • ダーニング繕い例
  • 野口 光(ニットデザイナー)
講師詳細

愛用しすぎて、穴の開いてしまった靴下に、シミ・傷みのあるカットソーやシャツ。これまで捨てるしかなかった大切な物も、あえて全く違う色の毛糸でかがることで、新鮮な表情の個性的な一品に生まれ変わります。
お直しに使うのは、イギリスに古くから伝わる「ダーニング」という手法。それに必要なダーニングマッシュルームや糸はこちらでご用意します。
一度覚えれば、ご自宅で、虫食いのセーターやひざの開いたジーパンなど、楽しく繕うことができるようになります。
 

お申し込み
日程
2020/12/6
曜日・時間
日曜 10:00~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 5,390円 一般 6,490円
持ち物など
※準備の都合上、11/29(日)までにお申込みください。
<各自お持ちください>穴が開いた、あるいはかかとが薄くなった靴下や、虫食いができてしまったセーターなど。ごく基本的な裁縫道具。
※教材費4,400円(オリジナルのダーニングマッシュルームと説明書、毛糸束、針1本セット)を、当日、教室で講師にお支払いください。
※ダーニングマッシュルームをお持ちの方は、事前に湘南教室TEL0466-24-2255までご連絡の上、当日ご持参ください。その場合の教材費は1,100円になります。教材費は、当日教室で講師にお支払いください。(現金のみ、承っております)

講師詳細

野口 光(ノグチ ヒカル)
ニットデザイナー。ニットブランド「HIKARU NOGUCHI」主宰。ロンドン、ニューヨーク、東京を中心に、世界各地で商品を展開中。