天満敦子 「ヴァイオリンで紡ぐ心」 レクチャー&コンサート

  • 天満 敦子(ヴァイオリン弾き)
講師詳細

天満さんは、日本ばかりでなく、世界での演奏活動を通じて、言葉の壁を越え、たくさんの心をつないでいます。 天衣無縫の独特な語り口と飾らないお人柄も魅力です。
今の時代だからこそ思うことや今後の活動などのお話しを交え、名器ストラディヴァリウスから放たれる豊麗な音色や心揺さぶる演奏をご堪能ください。
*定員は40名を予定しております。
【プログラム(予定)】    
・ヴォカリーズ(ラフマニノフ) ・タイスの瞑想曲(マスネ) 
・望郷のバラード(ポルムベスク)・ユーモレスク(ドヴォルザーク)他

残席わずか
日程
2020/10/10
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,630円 一般 4,730円
その他
席は自由席です。開始15分前くらいから入場を予定しております。

講師詳細

天満 敦子(テンマ アツコ)
東京藝術大学大学院修了。海野義雄、故レオニード・コーガン、故ヘルマン・クレッバースらに師事。在学中に日本音楽コンクール第1位、ロン=ティボー国際コンクール特別銀賞等を受賞。以来、国際的に活躍中。
1993年にルーマニアの夭折の作曲家ポルムベスクの「望郷のバラード」を日本に紹介。クラシックでは異例の10万枚を超える大ヒットとなり、以後、この作品は天満の代名詞とも言われるようになった。その後、2004年11月には待望のバッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」全曲CDが発売され、楽壇の注目を集めた。
東日本大震災後は、母親の故郷でもある福島県を中心に、被災地各地での公演を続け、地元の人々との絆を深めている。2015年6月に発売したCD「旅人のうた」には被災された人々への想いが込められ、2016年8月には長野県上田市にある戦没画学生慰霊美術館“無言館”にて録音したCD「天満敦子in無言館」を発売。業界複数誌から特選盤の選定を受けた。
現在、東邦音楽大学大学院教授、松本市四賀音楽村村長、しおがま文化大使。