• 見学可

岩絵具を使ってみよう

  • 目黒 祥元(創画会会員)
講師詳細

日本画をご存知でしょうか?日本画に使われる絵具は、岩絵具と言います。砂状の美しい絵具を膠(接着剤)と水で溶いて描くシンプルな技法です。絵具は昔と変わらない天然のものが今でも使われていますが、表現は時代を反映して様々に変化してきました。
この講座では、そんな日本画を知っていただき、個性ある作品を描くことを目標にしています。
初めて絵を描く方には、塗り絵感覚で楽しんでいただきながら基礎をご指導します。遠近法にとらわれない日本画伝統の描き方にも、新鮮さを感じていただけると思います。(講師記)

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました
日程
2019/11/13, 11/20, 11/27
曜日・時間
水曜 13:30~16:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,880円
持ち物など
約1,500円(当日受付にてお支払いください)
<教材内容>用紙、絵具など。筆、皿など道具も貸出。ご自分の筆をお持ちの方は、ご持参ください。
その他
常設講座「日本画」と合同授業になります。

講師詳細

目黒 祥元(メグロ ヨシユキ)
1957年東京生まれ。東京芸術大学卒。同大大学院修了。1983~85年同大学美術学部日本画研究室の非常勤助手。現在、創画会会員。