音楽と美術の出会い  大人・子どもペア コントラバス&ピアノ演奏とアートワーク

  • 冨田めぐみ講師
  • クーリックさんと矢崎さん
  • 冨田 めぐみ(NPO法人 赤ちゃんからのアートフレンドシップ協会代表)
  • デットマー クーリック(コントラバシスト・トロッシンゲン音楽大学教授)
  • 矢崎 鞆音(ピアニスト・通訳)
全ての講師
講師詳細

音楽を聴いて色や形が思い浮かんだり、美術作品を観て心の中に音楽が流れたり。
つながりあう「音楽と美術」に光を当て、3歳からご高齢の方まで、ご一緒に楽しめるコンサートを開催します。
小さいお子さんも自然体で楽しめるよう、プログラムしました。
コントラバスとピアノのデュオ演奏を聴く素晴らしい機会です。
生の演奏を間近に聴き、色と形を表現するミニ・ワークショップを体験し、お話しすることで、子どもたちのアートに対する新しい感覚が開きます。大人の皆様にとっては、子どもの感性にふれ、新鮮なアート体験になると思います。 (冨田講師記)
*ワークショップは、折り紙のコラージュの予定
*小学4年生までは父兄同伴でご参加ください。

*演奏プログラム(予定)
ドボルサーク「ユーモレスク」
ショパン「別れの曲」 フォーレ 「愛のうた」
クレーベ 「コントラバスのための6つの小品」から
「さくらさくら」
「さんぽ」その他

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました
日程
2019/8/17
曜日・時間
土曜 13:30~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,700円 一般 2,700円
持ち物など
こちらの受講料は大人1名様、お子様1名様(3歳以上18歳以下)のペア料金になります。

開始15分くらい前の開場を予定しています。席は自由席です。

講師詳細

冨田 めぐみ(トミタ メグミ)
神奈川県生まれ。1992年、東京女子大学文理学部心理学科を卒業。「アートケア」というコンセプトで、美術、音楽、身体表現を通じた家族ワークショップを実施。0歳から10代へと成長に応じた保護者の関わり方を伝えている。2012年「乳幼児鑑賞プログラム」を開発し、茅ヶ崎市美術館、平塚市美術館ほか各地美術館にて開催中。HP:http://www.art-friendship.org/
デットマー クーリック(デットマー クーリック)
ドイツ生まれ。フランクフルト音楽大学、ベルリン音楽大学、オランダのアーンハイム音楽大学でコントラバスを学ぶ。1996年よりボッフムシンフォニーオーケストラの主席コントラバス奏者となる。その後2001年から10年間SWRシンフォニーオーケストラに所属する。
2000年より矢崎とのデュオでの活動を開始し、ヨーロッパの各地、日本で演奏活動を行っている。また、ソリストとしてオーケストラとも共演。2007年から2015年までロベルト・シューマン音楽大学(デュッセルドルフ)で教授を務め、現在ケルン音楽大学アーヘン校、トロッシンゲン音楽大学、中国の上海同済大学客員教授。

矢崎 鞆音(ヤザキ トモネ)
神奈川県生まれ。横浜国立大学教育学部音楽科でピアノを高木幸三、大瀧郁彦に師事。卒業後渡独し、ロベルト・シューマン大学(デュッセルドルフ)にてリート伴奏法をクリスティアン・デ・ブロインに師事。ラトコ・デロルコに作曲家からの視点での奏法を学ぶ。クーリックとのデュオ、その他室内楽などヨーロッパと日本で演奏活動を行う。