アドラー心理学入門 劣等感

  • 深沢講師
  • 深沢 孝之(「心理臨床オフィス・ルーエ」代表)
講師詳細

「アドラー心理学」とは、アルフレッド・アドラー(Alfred Adler、(1870-1937)と後継者たちが築き上げた心理学です。
人間の主体性と勇気を重視し、人間を過去に縛られるのではなく、未来の目的に向かって生きる存在とみなす心理学です。
約3ヵ月に1度、テーマごとに各回簡単な実習を交えて学びます。

10月30日:「劣等感」
 毎期毎にある本講座は、今回からまた基礎に戻って進めたいと思います。
「アドラー心理学」は、劣等感について考えることから始まりました。
人は誰でも、劣等感を持っているものです。それに対してどう対処するかで人生の方向性が定まるともいえます。今回は、劣等感とその補償について、講義と簡単なワークで学びましょう。(講師記)

この講座は終了しました
日程
2019/10/30
曜日・時間
水曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,850円 一般 4,510円
持ち物など
筆記用具をご用意ください。
その他
講義をしながら簡単なワークをします。

講師詳細

深沢 孝之(フカサワ タカユキ)
1965年生まれ。早稲田大学、人間総合科学大学大学院修了。
公認心理師、臨床心理士、臨床発達心理士、シニア・アドラーカウンセラー。児童相談所、精神病院等勤務を経て現在心理臨床オフィス・ルーエ代表、スクールカウンセラー等。著書に『「ブレない自分」のつくり方』(監修、PHP研究所)、『アドラー臨床心理学入門』(共著、アルテ)、『アドラー心理学によるスクールカウンセリング入門』(編著、アルテ)など。