女王陛下のイギリス史

  • 川成 洋(法政大学名誉教授)
講師詳細

“イギリス”。この4つの文字に魅せられて、遥かヨーロッパ大陸の西方の島国イギリスを訪れた日本人は沢山いただろうと思います。そして何となく安心して観光見物ができたことでしょう。ロンドンに集中している名所旧跡、歴史的建造物の見学だけでも相当時間がかかりますが、私は、是非、郊外の田園地帯へ出かけることを勧めます。イギリスの自然は、極端なコントラストがなく、あるのはただ濃淡ばかりで、これこそ、ジョン・カンスタンブルの絵であります。ロンドンから「2階建て立てバス(ダブルデッカー)」に2時間くらいで、イギリスならではの広大な田園パノラマを堪能することができるでしょう。
この講座では、こうした懐かしい「緑の国」イギリスを創り上げた3名の女王――エリザベス1世(在位1558~1603)、ヴィクトリア女王(在位1837~1901)、エリザベス2世(在位1952~)――の足跡を辿りたいと思います。

この講座は終了しました
日程
2021/2/12, 2/26, 3/12
曜日・時間
金曜 14:00~15:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,240円 一般 12,540円

講師詳細

川成 洋(カワナリ ヨウ)
1942年札幌生まれ。現在、法政大学名誉教授、アジア・ユーラシア総合研究所顧問、社会学博士(一橋大学)。専門は、スペイン現代史、現代イギリス文学。『スペイン文化事典』(共編、丸善出版)、『イギリス文化事典』(共編、丸善出版)、『日本文化事典』(共著、丸善出版)、『スペイン・ポルトガルを知る事典』(共著、平凡社)、『社会学事典』(共著、弘文社)、『現代日本旭人物事典』(共著、朝日新聞社)、『日本アナキズム運動人名事典』(共著、ぱる出版)、『日本歴史大辞典』(共著、小学館)、『民間学事典』(共著、三省堂)、『ドン・キホーテ事典』(共著、行路社)、『ケルト文化事典』(共著、東京堂出版)、『20世紀全記録』(共著、講談社)などがある。