生きづらさの中身とは

  • 藤田 隆乗(川崎大師平間寺貫首)
  • 名越 康文(精神科医)
講師詳細

戦後74年、元号は令和に代わり、超高齢化社会を迎えた日本。平成時代の失われた20年を経て、人と人との関係はどう変わり、日本人の心はどう変わってしまったのでしょうか。生きづらさの中身は見えにくくなる一方です。
 弘法大師の教えを、現代に生きる私たちにわかりやすく説く大本山川崎大師平間寺貫首の藤田隆乗氏と、現代人の行動心理を読み解き、仏教の教理に造詣の深い精神科医名越康文氏を迎え、人生について、他人との関係性について、死別の悲しみについて、死の恐怖についてなどの問いにお答えいただきます。
また、受講者からの質問を事前に受け付け、お答えいただきます。


お申し込み
日程
2019/11/13
曜日・時間
水曜 16:00~18:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,400円 一般 5,060円
持ち物など
「生きづらさ」をテーマにした、講師二人への質問があればお寄せください。
■質問の受付方法 ハガキでお寄せください。締め切りは11月3日。
送付先 〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢438-1 ルミネ藤沢店9F
              朝日カルチャーセンター湘南教室「生きづらさの中身とは」講座係
※質問はこちらで事前に選ばせていただきますのでご了承ください。

講師詳細

藤田 隆乗(フジタ リュウジョウ)
1955年神奈川県生れ。85年大正大学大学院文学研究科博士課程仏教学専攻単位取得満期退学。82年大本山川崎大師平間寺入寺。法務部長、教化部長、執事を経て、06年に第45世貫首に就任。
名越 康文(ナコシ ヤスフミ)
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。
著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院)、『驚く力~さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行)、『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』(PHP新書)、『「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』(夜間飛行)、『精神科医が教える 良質読書』(かんき出版)など。
精神科医 名越康文の研究室http://nakoshiyasufumi.net/