深読み「古今和歌集」

  • 絵入り古今和歌集
  • 六歌仙一夕話
  • 蒲原 義明(日本大学教授)
講師詳細

古典文学を味わう 今期新設。

古今和歌集は醍醐天皇の命により紀友則・紀貫之・凡河内躬恒・壬生忠岑が撰者となって編纂されたわが国初の勅撰和歌集です。
今回は、かつて講義で取り扱った・四季部と恋部を除いた、賀・哀傷・離別など、残りの部を取り上げて解説していきます。一首ごとの解釈にとどまらず、各歌がどのような意図で配列されているのかといった、各部の構成をはじめ、王朝人の生活や美意識についても解説していきます。
またテキストの一部を比較的読みやすい江戸期に出版された版本の複写を用いることで、変体仮名の勉強もしていきます。なお解説にあたっては、関係する古典籍、主に江戸期の写本や版本などを用いて理解を深めるとともに目でも楽しめる講座を目指します。 (講師記)

*毎回講師の貴重なお宝も拝見できる講座です。いつからでもご受講いただけます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2020/4/10, 5/8, 6/12
曜日・時間
第2 金曜 13:30~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,240円 
持ち物など
資料を教室で配布します。

講師詳細

蒲原 義明(カモハラ ヨシアキ)
東京都生まれ。中世日本文学専攻。 現在、日本大学短期大学部教授。著書〔共著〕に『和歌文学大辞典』、『等持院殿百首』(新編国歌大観)ほか。