聖書と文学 マルコ福音書のイエス

  • 中村 匡克(英文学者)
講師詳細

今まで31年間、総合タイトル「聖書と文学」で聖書を通してイエスの生涯や聖書的発想を学び、さらに遠藤周作、トルストイ、シェイクスピアなどの文学を沢山読んできました。2020年4月からは、福音書のうち最初に書かれたマルコ福音書を新たに読み始めてイエスの生涯を学びます。本福音書にはイエスの誕生の記事が全くなく、突然イエスの伝道から始まります。そこに本福音書の意図があります。神の子イエスが人間として誕生して様々な苦難と闘う姿を通して、我々の生と死の真実をも重ねて学びます。キリスト教の入門的な話もしますので、初心者歓迎。聖地の写真や関連絵画を参照。
うつむいて馥郁(ふくいく)と咲く路地に梅   (講師記)  

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2020/6/11, 6/25
曜日・時間
第2・第4 木曜 13:30~15:00
回数
2回
受講料(税込)
会員 6,160円 
持ち物など
【持ち物】筆記用具、新旧約聖書(お手持ちの聖書でも結構です。講義では日本聖書協会刊「新共同訳聖書」を使用しますが、新約聖書が中心になります。旧約続編は無くても結構です。)
その他
※2020年4月より、「キリスト教と人間イエス」からリニューアルしました。

講師詳細

中村 匡克(ナカムラ マサカツ)
専門は英文学、比較文学、聖書学。『神が初めに創られたものとは-俳句で読む聖書物語』(日本キリスト教団出版局)、アブラハム・ヘッシェル著『人間とは誰か』(訳、同出版局)、『Bible-Mark<イエスの一生>』(吾妻書房)、『異邦人ヨブの苦難と実存―旧約聖書文学の世界』(荒竹出版)、『ワードパル英和辞典』(小学館)、『英語語義語源辞典』(三省堂)、『英語教育のための文学案内事典』(渓流社)、『ロバート・バーンズ訳詩集』(国土社)ほか。現在、当カルチャーセンターの他に、早稲田大学エクステンション・センターや教会などで、旧約聖書、新約聖書、英語聖書、キリスト教文学、聖書の読み方、シェイクスピアなどを講義している。現在、日本英語表現学会(日本学術会議関連団体)の名誉会長。