荒川 洋 ワインと音楽で語るフルートの演奏法と楽曲分析法 レクチャー&コンサート

  • 荒川 洋(フルート奏者)
講師詳細

~ワインと音楽のマリアージュ~
誰でも学んでみたくなるフルート奏法のお話から、音楽の素晴らしさまで幅広く学べる講座です。
ヨーロッパ各国の音楽に焦点を当て、その国々で作られたワインを試飲しながら解説・演奏をお聴きいただきます。
基本的なフルートの奏法解説はもちろん、聴いて・飲んで楽しめる90分講座です。 (講師記)

<演奏予定曲>
モーツァルト:フルート協奏曲ニ長調
バッハ:パルティータ BWV1013
プーランク:フルート・ソナタ
オーケストラ作品の有名な旋律より
*演奏曲は変わる場合もございます。ご了承ください。




 

お申し込み
日程
2020/9/5
曜日・時間
土曜 16:30~18:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,960円 一般 5,060円
その他
席は自由席です。開始15分前くらいから入場を予定しております。
受講料に試飲代など含みます。

講師詳細

荒川 洋(アラカワ ヒロシ)
宮城県出身。 国立音楽大学在学中に、故アラン・マリオン、イダ・リベラ女史の薦めにより、パリ国立高等音楽院に入学。
1997年、同音楽院フルート科をプルミエ・プリ(第一位)で卒業。第14回日本管打楽器コンクール入賞。1998年帰国後、小澤征爾に認められ、同年6月より新日本フィルハーモニー交響楽団に入団、2019年まで副首席・首席奏者を歴任。

これまでに、1997年チェコ共和国での第6回ヤング・プラハ国際音楽祭に招待され、リサイタルや、プラハのオーケストラとの共演、2006年ヴェネツィア室内合奏団、2009年クリスティアン・アルミンク指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団(モーツァルト:フルート&ハープのための協奏曲)、2010年カール=ハインツ・シュッツ、クララ・アンドラーダ、森岡有裕子(村松楽器主催公演「世界のトップ・プレーヤーによるフルートの競演」にて)、2010年渡辺香津美とシンガーソングライターのShanti(渡辺香津美スペシャル・ジャズLIVEにて)と共演、2007年より仙台クラシックフェスティバルに毎年参加。ソロ活動のみならず、川上徹(チェロ)、藤原亜美(ピアノ)と共に、室内楽アンサンブルグループ「Trio Liberte」を結成するなど、幅広く活動を展開。

録音にも多数参加しており、久石譲プロデュースによる鈴木理恵子(ヴァイオリン)のアルバム「Winter Garden」(2006年)、羽毛田丈史の手がけた「ジャッジ」、「ROOKIES」、「西洋骨董洋菓子店」、「ジャッジ2」、映画「ハナミズキ」、「獣医ドリトル」のサウンドトラックへの参加や、 宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」、「ハウルの動く城」、「崖の上のポニョ」の劇中音楽にも、久石譲作曲・指揮、新日本フィル
ハーモニー交響楽団として参加している。
2010年NHK宮川彬良出演番組「どれみふぁワンダーランド」、2011年NHKBS1「地球テレビエルムンド」に出演。

作曲/編曲として、クラリネット作品コンクールにて、自作品「クラリネットソナタ~モンマルトルの丘~(作品66)」が第三位に入賞。「フレンチ・コンホーサーズ」(レコード芸術特選盤)、「インストゥルメンタル・カラーズ~荒川洋フルート作品集」フルート名曲31選)をリリース。
久石譲率いるFuture Orchestra Classics、World Dream Orchestra、Music Futureの全てに関わっている。沖縄県立芸術大学管打楽実技室内楽・音楽芸術研究科・室内楽実習非常勤講師。洗足学園大学講師。コンサートイマジン所属アーティスト。株式会社サウンドテラス代表取締役。