湘南地域の地形の成り立ちと自然災害

  • 目代 邦康(東北学院大学准教授・地形学者)
講師詳細

湘南地域の地形や地層には、過去の河川の氾濫や、地震による津波や土地の隆起、そして火山噴火の痕跡が残っています。こうした痕跡を詳しく調べることで、将来、この地域を襲うであろう自然災害の種類や強さを予測することができます。身近な地域の風景から、過去に何が起こったのかを読み解いていきます。(講師記)

お申し込み
日程
2020/9/19
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円

講師詳細

目代 邦康(モクダイ クニヤス)
1971年神奈川県生まれ。地形学者。東北学院大学教養学部准教授。博士(理学)。専攻は地形学、自然地理学、地域資源論。著者に『地層のきほん』(共著、誠文堂新光社)、『地層ってなんだろう』(汐文社)、『地形観察ウォーキングガイド』(誠文堂新光社)、『地形探検図鑑』(誠文堂新光社)。編著に『シリーズ大地の公園』(古今書院)。