【野外】新視点!横須賀の丘を越えたヤマトタケル道を探索する 歴史ロマン・古道ウォーキング

  • 宮田 太郎(古街道研究家)
講師詳細

【内容】 横須賀の馬堀海岸付近から走水に至る推定・ヤマトタケル道(古東海道)は、従来の説である「海岸を通るルート」ではなく、防衛大学のある小原台の山越えルートではなかったか―ーという新視点で現地を探っていきます。今も途切れつつ遺っている?古道跡は、大津公園付近から走水神社の裏手山側に出て神社の地に下るように続いています。コースの最後は観音崎の洞窟遺跡まで足を延ばし、海岸をそぞろ歩いてみましょう。(講師・記)

【コース】京急「堀ノ内駅」改札口前に午前10時集合~愛染稲荷~古東海道推定路~県道134号線「大津交差点」付近の複数のファミレスで自由昼食~路線バスで防衛大前~小原台の古街道跡~ふれあいの森(休憩)~走水神社に下る古街道~ヤマトタケル望見の丘~走水神社~ミコトの船出の浜~ビーチボードウォーク~観音崎の洞窟遺跡~観音崎前から路線バスで京急掘内駅または横須賀駅へ。徒歩行程約5キロ。解散は15時45分頃

※雨天、荒天の場合は順延します。

お申し込み

注意事項

※現地集合・解散の講座のため、お申し込みは3月22日(月)18時までにお願いします。
※雨天・荒天の場合は順延します。

日程
2021/3/24
曜日・時間
水曜 10:00~15:45
回数
1回
受講料(税込)
会員 5,940円 一般 7,040円
持ち物など
<集合>2021年3月24日(水)10:00 京急線「堀ノ内駅」改札口前
<持物>飲み物、雨具、保険証、筆記用具、交通費など
<服装>歩きやすい服装と、履きなれたハイキングシューズでご参加ください。
その他
・現地を歩く講座です。
・【コース】をご参照ください。

講師詳細

宮田 太郎(ミヤタ タロウ)
 古街道研究家、総務省地域力創造アドバイザー、歴史古街道団団長、(株)歴史シアター・ジャパン代表。

 古街道遺跡地帯である多摩丘陵、関東、全国、近隣諸国における古代から中世の未知の遺跡を独自の手法で実地踏査し、鎌倉街道や中世の山城、古代遺跡など数多くの遺跡を発見している。「すべての文化と遺跡は“道”をたどって誕生した」という信念をもとに、考古学的手法を加えた現地踏査手法『古街道学』を提唱。古街道研究家、歴史ルポライター、歴史古街道団団長、歴史古道まちづくりプランナー、日本フットパス協会理事。