作家に学ぶ小説作法 

  • 宮原 昭夫(作家)
講師詳細

 自分では小説を書いているつもりでも、どうも確かな手ごたえが感じられない、或るハードルをどうしても越えられない、という悩みをよく聞きます。
実力のある書き手なのに、小説づくりについて基本的な思い違いがあるために伸び悩んでいるというケースが意外に多い。
そんな人たちのために実作のポイントを、時にはいわば“病理的”に、時には“臨床的”に追求してみたいと思います。(講師記)

【講師より】小説などの創作活動は、本来密室での作業です。しかし作品は他者に届けられなければ意味がない。そのためには読者という他者を知らねばならない。しかし、密室では他者に出会うことは出来ません。そういう意味で創作教室は作者が他者に出会える、いわば広間の役割も果たします。その広間で、書いたものを見せ合い読み合うことで、赤の他人としての読者に出会い、読者と言うものを知り、そこで初めて創作は完成します。私も、他者の作品を検討させてもらうことで、いわばそれを自分の分析や批評の刃を研ぐ砥石とさせていただいています。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

お申込みはお電話0466-24-2255で
日程
2019/10/5, 10/19, 11/2, 11/16, 11/30, 12/7, 12/21
曜日・時間
第1・3・5 土曜 13:00~15:00
回数
7回
受講料(税込)
会員 21,560円 
その他
<テキスト>「書く人はここで躓く!」(河出書房新社)1,300円(税別)、受付で販売中。
作品の字数制限なし、作品が出来たらいつでも提出可。その中から順番に教材として取り上げます、作品は講師より添削して返却。提出作品の印刷(コピー)の用意は各自で(クラスの人数分+先生分)。新しい作品提出する際は、一部窓口まで(原本コピー後、提出用トレーに戻します)。

講師詳細

宮原 昭夫(ミヤハラ アキオ)
1932年生まれ。早稲田大学卒業。66年『石のニンフ達』で文学界新人賞、72年『誰かが触った』で芥川賞を受賞。主な著書に『海のロシナンテ』『土と火の巫女』『女たちのまつり』『かげろうの巫女たち』『書く人はここで躓く』(河出書房)『宮原昭夫小説選』(河出書房)他多数。2001年4月より朝日カルチャーセンター・湘南で、「作家に学ぶ小説作法」を指導。