日本紀(神代)の編集者

  • 山田 宗睦(哲学者)
講師詳細

日本紀の作者については、たとえば森博達は、日本人(?)としては、山田史(のち連)御方、唐人として薩浩恪、続守言の二人をあげています。
これに対し、私は作者兼編集者として、日本国側から中臣連大嶋、六六三年に滅が日本国に
併合された倭国側から筑紫史益の二人をあげます。二人は、まず紀の巻第一、第二 -いわゆる「神代」ないしは「日本神話」-を編集、作製しました。1300年を記念して、その編集過程を追究してみましょうか。(講師記)

日本書紀成立1300年  特別展「出雲と大和」
2020年1月15日(水)~3月8日(日) 会期中、展示替えあり。
東京国立博物館 平成館
https://izumo-yamato2020.jp/

この講座は終了しました
日程
2020/2/15
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
その他
必要に応じて資料を配布します。

講師詳細

山田 宗睦(ヤマダ ムネムツ)
京大哲学科卒、東大出版会企画部長、「思想の科学」編集長、桃山学院大学教授、関東学院大学教授などを歴任し現在に至る。著書に『山田宗睦著作集』三一書房、『日本書紀史注』(全30巻)風人社、『現代語訳日本書紀上中下』『古代史と日本書紀』ニュートンプレス社など。