藤島秀憲の短歌実作のポイント 歌集「ミステリー」に学ぶ

  • 藤島秀憲さん
  • 藤島 秀憲(歌人)
講師詳細

場面の切り取り方と言葉の選び方、オノマト
ペ・比喩・リフレインなどの技法、そして推敲の
方法について、作品を読みながら著者みずからが
解説します。初心者からワンステップ上を目指す
方まで、作歌に役立つ情報が満載の90分です。
                               (講師記)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
白梅のかおりにほっと立ち止まる三年過ぎて人は変わりぬ
箸置きのある生活に戻りたり朝のひかりが浅漬けに差す     
たまに父、ときに母来るわが夢に咲けど匂わぬニセアカシアは  

お申し込み
日程
2020/9/5
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円

講師詳細

藤島 秀憲(フジシマ ヒデノリ)
 1960年埼玉生まれ。佐佐木幸綱に師事。「日本語の変容と短歌――オノマトペからの一考察」により現代短歌評論賞受賞。第1歌集『二丁目通信』により現代歌人協会賞、ながらみ書房出版賞受賞。第2歌集『すずめ』により芸術選奨文部科学大臣新人賞、寺山修司短歌賞受賞。現在、「現代短歌新聞」にエッセイを連載中。心の花編集委員。現代歌人協会会員。
2020年5月歌集『ミステリー』が第18回前川佐美雄賞受賞。