• 見学可

漢字書道 古典を学ぶ

  • 吉田 春翠(日展会友・謙慎書道会常任理事)
講師詳細

「字を上手に書きたい」という願いはすべての人が持っております。
そのためには、文字の構造の認識と、それらを織りなす基礎の点劃(てんかく)の習練が第一歩です。我々が使うところの漢字の姿態と意味内容にあらためて接し、伝来の歴史の中での書体の変遷などにも視点を捉えた学習をしてきます。
<古典を学ぶクラス>では各時代の代表作を臨書学習し、隷・楷・行・草体の構造認識を深め、あわせて中国書道史にも意識を向けて行きます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2020/10/1, 10/8, 10/15, 10/22, 10/29, 11/5, 11/12, 11/19, 11/26, 12/3, 12/10, 12/17, 12/24
曜日・時間
木曜 13:00~15:00
回数
13回
受講料(税込)
会員 35,750円 
持ち物など
お手本(1,000円)を受付でお求め下さい。筆、墨、半紙、下敷、雑巾などは各自でご用意下さい。(受付でも取り扱い有。約4200円)。硯、文鎮、水差しは教室備え付けのものをお使いいただけます。お手本は2ヶ月毎の販売となります。

講師詳細

吉田 春翠(ヨシダ シュンスイ)
鎌倉女学院 卒、日展会友、読売書法会理事、謙慎書道会常任理事、精霊文社副理事長、神奈川県美術展審査員・招待作家、鎌倉書道協会副会長、春翆書院主宰。 日展入選10、読売新聞社賞2、謙慎書道会展特選2・春興賞3、槙社文会展奨励賞。 日展入選作品「陶淵明詩」を鎌倉市に寄贈。