楊崇の太極拳推手1日指導

  • 楊崇さん(右)
  • 楊 崇(鞭杆協会理事長)
  • 山本 高弘(内家拳研究会指導員)
講師詳細

 「技」の練習法といわれる推手は、老若男女だれにでもでき、健康の基礎となる体内物質の流れを調整する能力、神経作用の調整能力を、開発することができます。「太極拳経」にあるように、太極拳の目的は勁の理解で、そのための目標は聴勁を養うことです。推手をすることで感覚を磨きましょう。(常設クラスと合同で行います)。

この講座は終了しました
日程
2020/9/15
曜日・時間
火曜 14:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,860円 一般 3,960円
その他
トレーニングウエア(上・下)、運動靴(内履き)など動きやすい服装をご用意ください。※常設クラスと合同で行います。

講師詳細

楊 崇(ヨウ タカシ)
幼いころから長拳を始め、伝統拳、武当剣などを父楊進氏より学び、全日本選手権大会でも度重なる入賞を果たしている。山西大学に留学し毛明春老師より、山西派形意拳、鞭杆を伝授される。武術家としてのみならず現在俳優としても活躍中である
山本 高弘(ヤマモト タカヒロ)
内家拳研究会・楊進主幹の門下で、、太極拳や形意拳等の中国武術を学ぶ。北京体育学院(現北京体育大学)主催の1991年「国際武術太極拳交流大会」では、「拳術の部」に形意拳で出場して第2位、「24式太極拳の部」で第1位。マレーシア、スリランカ、モルディブ、キルギスタン等、言葉の通じにくい国々で長期間指導にあたってきたため、わかりやすい指導に定評あり。