• 見学可

ボイストレーニング 大きな声を出して、音域を拡げたい人のための

  • 勝又晃さん
  • 勝又 晃(声楽家)
講師詳細

 腹式呼吸と正しい発声をすれば、誰でもラクに、大きく、お腹から声を出せるようになります。そして、練習によって音域も拡がっていきます。そうなると、普段の声にも自信がついて、人前での表情まで明るくなります。      
 第一線で活躍中のプロのオペラ歌手が、歌唱力アップに役立つボイストレーニングを優しく丁寧に指導する講座です。まず、軽いストレッチや発声練習から始めて、一人ずつ歌う時間を設けて、きめ細かなアドバイスをしていただきます。曲は各自が歌いたい楽譜を持ち寄ります。童謡、映画音楽、ポピュラー、歌曲などジャンルは問いません。楽譜が読めなくても大丈夫です。
 週末の夕方、好きな歌を大きな声で歌って、気持ちをリフレッシュしてみませんか。
 
★ ご見学(20分程度)はいつでも大丈夫ですので、どうぞお気軽にお越しください。
★ 不定期ですが、教室で「試演会」を開催しています。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

お申し込み
日程
2020/1/24, 1/31, 2/14, 2/28, 3/13, 3/27
曜日・時間
第2・4・5 金曜 16:00~18:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,140円 

講師詳細

勝又 晃(カツマタ アキラ)
静岡県出身。国立音楽大学卒業。田口興輔、故 中山純一、南條年章、松谷和紀カルラ・ヴァンニーニ 各氏に師事。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。’90~’93年渡伊。ミラノ音楽院にて研鑽を積む。第14回太陽カンツォーネ・コンコルソ第2位、第19回イタリア声楽コンコルソ入選。オペラでは、「カルメル会修道女の対話」(騎士フォルス)、「椿姫」(アルフレード)、「蝶々夫人」(ピンカートン)、「トスカ」(カヴァラドッシ)、「外套」(ルイージ)、「カルメン」(ドン・ホセ)、「ラ・ボエーム」(ロドルフォ)、「魔笛」(タミーノ)、「こうもり」(アルフレード)、「ナブッコ」(イズマエーレ)、青島広志作曲 オペラ「火の鳥」、永井荷風作 歌劇「葛飾情話」、磯部俶作曲 オペラ「夕立」等に出演。特に2003/4年 岡村喬生演出・総監督=みんなのオペラ=「蝶々さん」では、2年連続ピンカートン役を、‘05年同オペラ「魔笛」ではタミーノを好演(DVDで発売)。イタリアでは、ジェノヴァ市にて国際船と海の博覧会コンサート、ミラノ近郊ガッララーテ市主催によるオペラコンサートに出演。都庁にて東京our’s96、1998/99年富士山国際音楽祭、’04年長崎出島音楽祭、’06年仙台クラシック・フェスティヴァル、’08年末にはロシア=サンクトペテルブルクにおける二期会国際交流記念コンサートに出演する。第九、メサイア、ドヴォルザーク「スタバト・マーテル」等のソリストを務める。’09年には静岡県御殿場市で、’10年には東京に於いて、ソロ・リサイタルを開催、好評を博した。海陽学園特別顧問。
http://www014.upp.so-net.ne.jp/katsumata