• 見学可

かな書道  午前クラス

  • 大石 三世子(日展会友・栴檀社理事長)
講師詳細

「源氏物語」「枕草子」などを世界に有名にした〝かな〟。その古筆の勉強によって線の強い格調高い書を身につけます。文字の習得には根気よく練習することが大切。手を使うこと、頭を使うことは生きてゆく中でいちばん大切なことです。それには書を学んで、よいものを身につけること、これが最高によいことでありましょう。

はじめは、線をひくことや日常でよく使われる署名や住所を書くことからはいり、やがて講師のお手本を使い美しいかな文字の稽古へとすすみます。月に2回の授業で、ゆっくりと自分のペースで美しいかな文字の練習をしていきましょう。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/6/8, 6/22, 7/13, 7/27, 8/10, 8/24
曜日・時間
第2・4 月曜 10:00~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 16,500円 
持ち物など
各自準備:小筆、半紙、墨(かな用・小)、下敷、雑巾、筆・半紙など。お手持ちのものがなけれは藤沢名店ビル4階、有隣堂(0466-26-1411)で取り扱い有。手本は受付で販売。硯、水差、文鎮は教室備品をご利用いただけます。
その他
日程にご注意ください。

講師詳細

大石 三世子(オオイシ ミヨコ)
1946年宮崎県生まれ。高校卒業後、大石隆子氏に師事。1972年日展五科に初入選以後、30回入選。東方書道展において特選2回受賞。「冠婚葬祭手紙の書き方」(日東書院)の監修。著書に「和歌を描く」、「古今集を書く」、「俳句を書く」、「日本の四季を書く」、「大石隆子かなの美」(日本習字普及協会)など。