• 見学可

仏像彫刻入門 

  • 岩松 拾文(仏師 )
  • 関口 文夫(仏師)
講師詳細

"初めての方にも扱いやすい荒彫りしたヒノキの用材を使って手に持って彫れるサイズの初心地蔵から彫ってみましょう。一体でも彫ると、仏像の見方や楽しみ方が大きく変わります。(初心者教材は約23,000円)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/6/25
曜日・時間
第4 木曜 10:00~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,400円 
持ち物など
用材と彫刻刀セットは開講日に受付カウンターで販売します。(初心者教材は約24,000円)
エプロンまたはひざかけ、20センチ定規、筆記用具

講師詳細

岩松 拾文(イワマツ ジュウブン)
1941年生まれ。仏像彫刻家の錦戸新観師について修行。現在、小仏彫刻の会主催。お寺に納めた主な作品:弘法大師・興教大師像(京都・智積院、文殊菩薩坐像・弘法大師・興教大師像(川崎大師)など多数。著書:「やすらぎの仏像彫刻」〈日貿出版)ほか。
関口 文夫(セキグチ フミオ)
岩松拾文氏主宰「小仏彫刻の会」他、展示会等出展。カルチャーセンターなど各所で仏像彫刻の指導。寺院に仏像を奉納、個人宅にお祭りする仏像、病気治癒の方々に心のよりどころとなる守り仏の制作など多数。