北欧絵織物の小さな額絵

  • 城野 三千代(北欧絵織物研究所講師)
  • 矢吹 恵子
講師詳細

絵を描くように横糸を織り込む伝統的な北欧絵織物の技法を体験しましょう。深みのある美しい色合いの糸を使って、おとぎ話に出てくるような小さな家の額絵を織り上げます。

お申し込み
日程
2020/6/2, 6/16
曜日・時間
火曜 13:30~15:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 6,600円 一般 8,800円
教材費(税込)
教材費 8,400円
持ち物など
ディナーフォーク(大きいフォーク、ごく普通の物)、手芸用ハサミ、手芸用とじ針、筆記用具

講師詳細

城野 三千代(ジョウノ ミチヨ)
矢吹 恵子(ヤブキ ケイコ)
北欧絵織物作家。フェリス女子短期大学卒業。ノルウェーに渡り、国立ノルウェー手芸美術学校(現国立美術教育大学)BILLED VEV科、デザイン科卒業。帰国後、北欧絵織物研究所を設立。創作活動のかたわら、書籍、テレビ、講演を通じてノルウェー伝統織物の普及に努めている。朝日カルチャーセンター他講師。新宿御苑に「フースフリーデン」(糸と織物の店)の経営も手掛ける。2008年、ノルウェー王国功労勲章叙勲(Royal Norwegian Order of Merit)長年にわたり日本にノルウェー伝統工芸である絵織物を広めた尽力に対し、ハーラル国王より勲章と勲記がおくられた。