プリザ―ブドフラワーのお供え花

  • 砂村 正子(エレガンスプリザーブドフラワー協会代表)
講師詳細

 生花のみずみずしさをそのまま残しながら「満開が続く、枯れない花」プリザーブドフラワー。花がしおれる心配もなく、水替えなどの手間もありませんので、旅行などで長期に不在する時にとても重宝です。
 お彼岸に合わせて、講師が新しくデザインしました。大きな白菊を中心に、葉の緑を表情豊かに添えてアレンジした、上品な供花・仏花です。生花の美しさを約1~2年間キープします。

◎菊(大)1輪は、蕾を手で開花させます。
*淡いローズ色の陶器製の花台付きです。
*サイズ=幅21㎝×高さ25㎝(白菊まで11~12㎝)×奥行10㎝ (器の下部の直径は10㎝)
*タッセル(ローズ色)付きです。

お申し込み
日程
2020/3/14
曜日・時間
土曜 15:30~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
教材費(税込)
教材費 3,520円
持ち物など
*持ち物: 木工用ボンド、ラジオ ペンチ、はさみ、筆記用具、作品を持ち帰る紙袋など。
*作品サイズ: 幅21㎝×高さ25㎝(白菊まで11~12㎝)×奥行10㎝ (器の下部の直径は10㎝)

講師詳細

砂村 正子(スナムラ マサコ)
1990年マミフラワーデザインスクールにて講師資格取得後アトリエ優花を設立以後講師活動、ブーケデザイナーを手掛けながらオーストリア工芸に出会い技術を修得し2005年本場現地のザルツブルクにて学ぶ。オリジナルな色彩感覚と技術を取り入れ好評を呼んでいる。工芸作家として各地にて展示会を開催。横浜高島屋にて個展を開き指導の傍らコンテストにて数々の賞を受賞、表参道のショップディスプレイを手掛け各地イベントへの参加、雑誌掲載多数、朝日カルチャーセンター・横浜にて指導に当たり、また、スパイスコレクション(ブリヨンデコール)とプリザーブドフラワーの融合により新たなデザインにて2004年フロールエバーコンテストにて優秀賞を受賞。多くの方より支持を受けエレガンスプリザーブド協会を設立。2005年4月恵比寿に東京校を開講し全国に認定教室の現在普及活動に努める。
〔講師ホームページ〕エレガンスプリザーブド協会 http://www.epa-y.com/