続・骨盤底筋群の整え方

  • 講師:松田智美
  • 松田 智美(一般社団法人東京薬膳協会会長)
講師詳細

 テレビで見たり聞いたりするけど、骨盤底筋群って何?どこにあるの?と色々疑問はありませんか。骨盤底筋群とは、直腸、膀胱、膣や子宮などをハンモックのように支える筋肉で、骨盤の一番下にある8つの筋肉を指します。排泄コントロールの役割があり、加齢や出産などにより、筋肉が衰えてくると尿漏れや頻尿のトラブルを引き起こします。また、ひどい場合は、子宮脱、膀胱脱など、臓器そのものが落ちくるといった症状が出ます。
 80%くらいがトレーニングで良くなる言われていますが、骨盤底筋群だけを単独で鍛えることはできません。体幹を構成する腹筋、横隔膜、多裂筋(背中の筋肉)などと一緒に運動することにより、はじめて効果が期待できるのです。今回は基礎知識と共に、自宅で行える呼吸法などを紹介、実践します。今回は基礎知識と共にトレーニングや食事などの生活習慣を見直して、予防・改善に役立ててみませんか?
 前回の内容に加えて、実際に体験してきた保険がきく最新治療の「磁気刺激装置 TMU-1100 」の説明をします。

冬の健康対策に!

お申し込み
日程
2019/11/29
曜日・時間
金曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
持ち物など
<持ち物>筆記用具、受講券

講師詳細

松田 智美(マツダ トモミ)
鍼灸師・柔道整復師・准看護士・調理師免許を取得し独自の健康法を編み出す。
せらまいか鍼灸院において健康・美容・食についての治療及びアドバイスを行いながら、その傍ら講習会を開き、東洋医学・解剖生理学などを分かりやすくをモットーに教えている。